Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「彼等は夜か雨の中」/本庄りえ

本庄りえ「彼等は夜か雨の中」 ビーボーイコミックス

彼等は夜か雨の中 (ビーボーイコミックス)彼等は夜か雨の中 (ビーボーイコミックス)
本庄 りえ

リブレ出版 2010-04-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


初めて読む作家さん。
amazonのオススメにこの人の本が出てきたのだが、そちらはあらすじが好みじゃなかったのでこれを別のところで注文。
表紙を見る限り絵はきれいだと思うんだけど……。
なんとゆーか、漫画は絵がきれいならいいってわけじゃないんだなって実感。

本のタイトルはこの本自体につけられたもので、内容は「帳がおりて」をはじめとする外国人の客×バーテンダーと、大学生同士の「雨にも迷わない」のふたつ。
「帳が~」は王道ストーリーで、ところどころ笑えるところもあって安心して楽しめる。受けが女性っぽくないのもいいし、攻めの性格が可笑しい。
「雨にも~」は彼女がいる攻めに片思いする受けの話で、すっきりしない終わり方。
こういう暗い感じの話も好きだけど、初出一覧の前のページの絵はふたりのその後なのかな?
だったらいいなぁ。

と、こう書いてみるとそんなに悪くはないんだけど、どうしても気になって入り込めなかったことがあるのだ。
それはキャラの動きや表情が硬いこと。
硬いっていう表現が合っているのか、自分の中でもはっきり言葉にできないんだけれど…。
キャラに生気がないというのか、自然さがないというのか。
それに場面の微妙な心情や雰囲気が伝わってこない。
これって漫画家さんの上手い下手もあるだろうけど、読み手の感性も関係してくるんだろうなぁ。
1冊だけでは断言できないけど、どうやら私には合わないみたいだ。
でも予算に余裕があったら、発行時期と出版社が違うものを探して読んでみようかな。
絵はキレイだし、嫌いではないんだから、もしかしたら好みのがあるかも。

「夜中に台所で」/せのおあき

せのおあき「夜中に台所で」 アクアコミックス

夜中に台所で (アクアコミックス) (オークラコミックス)夜中に台所で (アクアコミックス) (オークラコミックス)
せのお あき

オークラ出版 2009-07-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


短編集。
せのおさんは文庫の挿絵でしか見たことがなかったんだけれど、気になって買ってみた。
やっぱり絵がすごく好み♪
これ以外にもコミックがいくつか出ているようだから、読んでみようかな~?


以下、それぞれの感想。

「恋愛操作」/蓮川愛

蓮川愛「恋愛操作」 スーパービーボーイコミックス

恋愛操作 (スーパービーボーイコミックス)恋愛操作 (スーパービーボーイコミックス)
蓮川 愛

リブレ出版 2006-11-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


SBBCと、普通のBBCの違いって何なんだろ。
初めてSBBCを読んだんだけど、これを読む限りノベルズのスラッシュみたいにえろ増量ってわけでもないし。
それにしてもカタカナで書くと「ー」がやたら多いなぁと思うんだが、どーでもいいか。

初めて蓮川さんの漫画を読んだけど、やっぱり絵がキレイだわ~。
眼福、眼福


飲食店を多数経営する社長・奥村×インテリアデザイナー・山代。
奥村は外国の血が入った見るからに金があってモテるBLの典型的攻め様(いちいち言うことやることがクサくて照れていいのか笑っていいのか…)。対して山代はクールビューティー。
二人は仕事で出会うが、奥村がゲーム感覚で山代にちょっかいを出すことから関係が始まる。
何しろ奥村の甘い口説きに頬を染めてころっと落ちるような山代ではない。
プライドの高い山代は、逆に奥村を落として嘲ってやろうとする。
やられたらやり返すのだ。力は奥村の方が上だろうが、怒らせたら山代の方が怖そうだな…。
もちろんやり手の奥村にも富士山みたいに高いプライドがあるし、二人とも素直に感情表現しないから、互いに好きになっていってもすれ違うばかり。
相手を手玉に取ろうとして、二人して落ちたわけだ。恋は故意に操作できるものではないものね。

完璧に見えてちょっと弱みを見せてしまう奥村も、高いプライドの端っこで照れ屋なところがある山代も可愛いくて面白かった。

「青年は愛を乞う」/日野ガラス

日野ガラス「青年は愛を乞う」 drapコミックス

青年は愛を乞う (drapコミックス243)青年は愛を乞う (drapコミックス243)
日野ガラス

コアマガジン 2010-08-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


著者の最初のコミックス。二つのお話が収録されている。
やっぱり重苦しいストーリーだな~。
でも「フェティッシュ」よりこちらのほうがマイルドだ。

「青年は愛を乞う」
受け・楓の葛藤が見もの。
男に愛されたい、男を愛したいという気持ちに苦悩する高校生。
誰にも相談できないから、ただひたすら隠すことに一生懸命になってしまう。
とりわけ最初のこっそり母親の化粧道具で化粧をしてみて、自分を醜いと衝撃を受けるシーンが一番印象的かもしれない。
男を愛し愛されたいという気持ちはイコール女性になりたいという気持ちではないということと、少年が自分の生に悩み自分を醜悪だと思い込むというのはショックだ。

攻め・奥田も女の子が好きなはずなのに楓が気になるということに戸惑いを感じていたけれど、楓のように深く思い悩むことがなかったおかげか、わりとすんなり受けて入れてくれて助かった。
これで奥田が自分の楓への恋心を認められなかったら、「ワン・マイ・スター」の繰り返しだからな。

最後の誰かに愛されたい、愛したいと思うのは誰でも一緒だというモノローグがやっと楓はあの夏の醜悪な自分から解放されたんだなぁと安心した。


「彼方の恋」
これは割り合い楽しく読める方かな?
それでも、ゲイだって普通に恋愛したいんだと、つらい恋ばかりしてきた受けの叫びが悲しかったけれど。
でも攻めがかなりタフな性格をしていると思うので、今のところこの著者のカップルの中で一番幸せになれそうな気がする。

「フェティッシュ」/日野ガラス

日野ガラス「フェティッシュ」 ビーボーイコミックス

フェティッシュ (ビーボーイコミックス)フェティッシュ (ビーボーイコミックス)
日野 ガラス

リブレ出版 2011-01-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


初めて読む作家さん。
これは2冊目のコミックスだそうで。
絵はかなり好みかも…。

それにしても明るい話は描かないのかなぁ?
いや、このどんよりした狂気が底にあるストーリーはかなり好きだけど、軽く読みたい時には不向きだろうな。
しかしなんというか、恋は必ずしも綺麗で美しいものではないというのが逆に綺麗に見えるんだから、やはり狂気なんだろうなこれは。


以下、各話の感想。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR