Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「純潔は夜に奪われる」/緋夏れんか

緋夏れんか「純潔は夜に奪われる」 ill.高座朗 角川ルビー文庫

純潔は夜に奪われる (角川ルビー文庫)純潔は夜に奪われる (角川ルビー文庫)
緋夏 れんか 高座 朗

角川書店 2007-07
売り上げランキング : 463696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


普通に面白い。質の良いルビーって感じ。
ただ、ある2点が気になってしまって、読後感が悪くなってしまった。
もっと軽く楽しめればいいんだろうけど。

吸血鬼の救急医・門倉×薬剤師・駒井。
吸血鬼に限らず人より永い時を生きる種族と人間の恋愛には寿命という問題がある。
門倉自身、永く生きてきた中で人間の命の短さをよく知っているし、人間の中で生きている自分の命の長さの悲しさも知っている。
私がきになったのはこの寿命の違いに関して、門倉の過去の恋人と駒井の今後の身の振り方について。

門倉には、過去に恋をした人間(♂)がおり、しかし相手は病でただでさえ短い一生を早く終えてしまう。
門倉は恋人に自らの血を分けようとするが、拒まれてしまう。
人間のまま死ぬことを相手は望んだのだ。
門倉のほかにも、門倉の叔父や門倉に求婚してくる女吸血鬼が出てくる。
彼らは一様に過去の恋人は門倉を裏切ったのだと言う。
人間である駒井でさえ、過去の恋人を批判する。
それがどうにも納得できない。
人間のまま死にたいと思うことがどうしてそんなにいけないことだろうか。
その人が門倉の前から姿を消したのは、自分を必死で助けようとする門倉の負担にならないようにするためじゃないだろうか。
恋人と長く一緒にいたいという門倉の思いはわかるが、ありのままの自分でありたいと望んだ恋人の思いを考えることすらしない身勝手さに腹が立った。

さらに駒井は終盤、門倉に自分の思いを伝えるために門倉の血を自分から飲む。
駒井が人間のままなのか吸血鬼になったのかは書かれていないからわからないけど、過去の門倉と元恋人の寿命の長さという大きな問題を知っても、自分はどうするのかよく考えていないのが目の前の恋愛に惑わされて浅はかで本当に門倉とやっていけるのか心配になった。
だいたい妹のことをあれだけ大切にしていたのに、どうするつもりなんだろう。
門倉とずっと一緒にいるということは、年をとるのが遅いから一所に長くいられない門倉についていかなければならないということじゃないのか?

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。