Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フェティッシュ」/日野ガラス

日野ガラス「フェティッシュ」 ビーボーイコミックス

フェティッシュ (ビーボーイコミックス)フェティッシュ (ビーボーイコミックス)
日野 ガラス

リブレ出版 2011-01-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


初めて読む作家さん。
これは2冊目のコミックスだそうで。
絵はかなり好みかも…。

それにしても明るい話は描かないのかなぁ?
いや、このどんよりした狂気が底にあるストーリーはかなり好きだけど、軽く読みたい時には不向きだろうな。
しかしなんというか、恋は必ずしも綺麗で美しいものではないというのが逆に綺麗に見えるんだから、やはり狂気なんだろうなこれは。


以下、各話の感想。


「フェティッシュ」
高校生、同級生もの。
えろシーンがすべて攻めの妄想という…。
攻め・ツカサは天パの髪にコンプレックスがあり、そのためさらさらの綺麗な髪に憧れが元々あったと思われる。
そしてその髪がきっかけで受けが気になり始めるのだ。
触ってみたいと。
しかしそれは髪に触れたいのではなく、受け自身に触れたかったわけで、だからやりたい盛りとはいえ散々に犯す妄想に囚われていくのはすごい。
ある意味、大人へと変わっていく思春期ならではの歪みなんだろうなぁ。

髪がやたらえろく思えた一話だった。


「ワン・マイ・スター」
著者曰く、バッドエンド。
最後にやってはいるし、両思いなんだけれど、これでこの後結ばれる未来は想像できない。

かつての己のヒーローを傷つけてしまう。
しかしそれは高校生という性(性別の性と性行為の性)に敏感な年頃であることと幼さが生んだのだ。
せめて攻めがほんのわずかでも勇気を持てればよかったのかとも思うが、同性の恋であるからこその悲劇にはつきものなのかもしれない。

この後二人はどうするのかな。
お互い相手に縛られているから傍にい続けるのかもしれないけれど、個人的にはまったく交わることのない人生を歩んでいって欲しいな。でも互いへの想いはずっと強くあり続けるから苦しむ。
そういうのって、ある意味最も強い結ばれ方なのかもしれない。


「とらわれびと」
刑務所の中の話。
ものすごい偶然の再会話だったというわけだが、書き下ろしでの補足がなかったらあやうくバッドエンドになるところだった。
感想書きづらいんだが、嫌いじゃない。
他の話のインパクトが大きすぎるんだ。


「Beautiful Days」「フォトグラフ」
フリーデザイナー・真理×サラリーマン・怜央(れお)。
この本の中で一番この話が好きだなぁ。最も狂気にまみれている気がする。

真理はとにかく美しいものを愛する。
そして彼にとって最も美しいのは怜央で、怜央だけ特別高品質なレンズを使って写真に撮る。
しかしただ見た目が美しいだけで怜央に執着しているわけではない。

怜央は面倒見がよく、見た目のわりに粗雑な口調であるものの、文句を言いつつ世話を焼いてしまう。
二人がどんな経緯で恋人同士になったのかは描かれていないが、とにかく真理は酷いダメ人間なのだ。
家で仕事をしている分生活が不規則なのに、会社員で規則正しく生活したい怜央のリズムをとことん乱し、わがままし放題で迷惑かけっぱなし。
真理は自分がどれほどダメな人間か分かっていて直そうともしないし怜央を離そうとしない。酷いことをしてしか怜央の愛情を量れないし、異常な方法でしか表現できない。
怜央も真理を嫌がりつつも、こんなダメ人間と一緒にいて耐えられるのは自分しかいないという優越感がある。
結局お互いしか見えていない相思相愛なのだ。
もしかしたら一種のSMなのかもしれないなぁ。
割れ鍋綴じ蓋カップルとも言えるが。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。