Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録のまとめ 2011年1月

読書めーたー1101

【小説】
購入数:31冊(一般7冊/ラノベ1冊/BL23冊)
借りた本:0冊/一般0冊/ラノベ0冊/BL0冊
電子書籍:1冊(一般・ラノベ0冊/BL1冊)
読了数:14冊(一般1冊/ラノベ0冊/BL13冊)(再読:2冊)
積読数:786冊

【漫画】
購入数:25冊
読了数:22冊


1月はそんなに読んでいないから振り返ってもあべさんが良かった!とか、緋襦袢いっぱいとかそんなことくらいしかないなぁ。

2月は読書メーターを見て思い出した三島由紀夫を最低1冊は読もう…。
腐った読書には最適な文豪だと思ってチョイスしたんだけれども、すっかり忘れていた。
それから、あべさんのコミックを読んで本家「八犬伝」に興味を持ったのでこちらも読んでみようと思う。抄本で…全部は長くて難しいし、原典の岩波文庫が品切れ重版未定の巻があるようだし。



1月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3407ページ

文豪ナビ 三島由紀夫 (新潮文庫)文豪ナビ 三島由紀夫 (新潮文庫)
三島由紀夫に初挑戦する前に、ある程度作者と作品の知識が欲しいと思ったので。作品要約は楽しみが減るかと思って未読。本当に素晴らしいものには杞憂だが。
読了日:01月03日 著者:
オモチャになりたい (ダリア文庫)オモチャになりたい (ダリア文庫)
キャラは好きではないが、面白かった。攻めがSで腹黒策士で受けに凄く執着しているのがちょっと怖いが、読む分には楽しい
読了日:01月06日 著者:崎谷 はるひ
夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)
忍が健気で可愛かった
読了日:01月08日 著者:鈴木 あみ
白き褥の淫らな純愛 花降楼シリーズ第七弾 (白泉社花丸文庫)白き褥の淫らな純愛 花降楼シリーズ第七弾 (白泉社花丸文庫)
撫菜はお馬鹿で明るい子なのだが、嬉しそうに妓楼に売られた経緯を話すところが逆に涙をそそられた。このシリーズ、ものすごくいいという訳ではないのだが、なんでか楽しい
読了日:01月09日 著者:鈴木 あみ,樹 要
臈たし甘き蜜の形代 (白泉社花丸文庫)臈たし甘き蜜の形代 (白泉社花丸文庫)
蜻蛉と綺蝶の話を読んでいないので、昔の岩崎さんがどんなだか分からないのが惜しい。大人しく届くのを我慢すればよかったか。それでも、蜻蛉ではなく椛を求めていく岩崎さんにはきゅんきゅんさせてもらったが。椛は一途で一生懸命で可愛かった。
読了日:01月11日 著者:鈴木 あみ
君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)
再読
読了日:01月13日 著者:鈴木 あみ
華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)
忍と椿ってタイプは違うのにいい友人。きっとまた御門と喧嘩した椿は忍たちのところに行くんだろうなー。忍が好きなのでラブがもっと欲しかった。
読了日:01月14日 著者:鈴木 あみ
媚笑の閨に侍る夜 花降楼シリーズ第六弾 (白泉社花丸文庫)媚笑の閨に侍る夜 花降楼シリーズ第六弾 (白泉社花丸文庫)
鼻持ちならない玉芙蓉が上杉に恋をしていき、蓋をしていた過去が少しずつ見えてくると可愛く思えた。女王様と慇懃無礼な敬語攻めという組み合わせもグッド!
読了日:01月14日 著者:鈴木 あみ
婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)
あの贅沢好きやプライドの高さは娼妓に向いていたんだろうなぁ。短編集のその後の話を先に読んでしまったけれど、確かにこれなら姐さんとして辣腕ぶりを発揮しそうだ。
読了日:01月14日 著者:鈴木 あみ
愛しき爪の綾なす濡れごと (白泉社花丸文庫)愛しき爪の綾なす濡れごと (白泉社花丸文庫)
綺蝶と東院の悪友同士みたいな関係が好きだ。
読了日:01月17日 著者:鈴木 あみ
愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)
もっとじっくり読みたかったなぁ。面白いのに後半が駆け足で勿体無い。
読了日:01月17日 著者:鈴木 あみ
シガレット・ラブ (幻冬舎ルチル文庫)シガレット・ラブ (幻冬舎ルチル文庫)
怖くて悲しかった分、本当の幸せを手に入れた後のふたりの姿を読みたかったなぁ。
読了日:01月19日 著者:雪代 鞠絵
華麗な恋愛革命 (B-PRINCE文庫 あ 5-5)華麗な恋愛革命 (B-PRINCE文庫 あ 5-5)
再読。やっぱり脇役がうるさい。自分のことばかりで受けの話をちっとも聞こうとせず、受けを怒る攻めも嫌だった。
読了日:01月28日 著者:青野 ちなつ
フェイク・ダイヤフェイク・ダイヤ
なんか物足りない。スケールが大きくて、深いテーマの割にページが足りないんだなぁ。役者としての成長ももっとじっくり読みたいし、エロはあるのに影に隠れた感のあるラブはもっと欲しい!
読了日:01月28日 著者:久能 千明

読書メーター

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。