Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シガレット・ラブ」/雪代鞠絵

雪代鞠絵「シガレット・ラブ」 ill.木下けい子 幻冬舎ルチル文庫

シガレット・ラブ (幻冬舎ルチル文庫)シガレット・ラブ (幻冬舎ルチル文庫)
雪代 鞠絵 木下 けい子

幻冬舎コミックス 2007-05
売り上げランキング : 183290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


医師×DV被害者の切ない恋。
両想いになるのにはそんなに時間はかからないんだけれど、受け・智紘(ちひろ)の身辺問題が最後までつきまとうため、痛くて辛くて切ないのである。




智紘と攻め・亮一の出会いは病院。
恋人にひどい虐待を加えられて全裸で雪の降るマンションの非常階段で倒れている智紘が救急車で運ばれ、その治療に当たったのが亮一だったのだ。
入院中のみならず、亮一はなにかと智紘を心配して親切に世話を焼く。
というのも、もともとゲイの亮一は酷く虐げられても恋人をかばおうとする健気な智紘の姿に一目惚れし、患者に対して退院後の住居や職場まで世話をする義務も責任もないのに何かと理由をつけて世話をしたり様子を見たりする。

一方の智紘は、亮一が自分を好きであることなど知らず、優しく暖かく接してくれる彼に恋をする。
そしてせっせと亮一のたばこの吸殻を集めるのだ。
好きな人のものが欲しいという気持ちもあったかもしれない。
その人が使ったものを持っていることで、ちょっとその人に触れられている気がする、そんな小さな幸せもあったのかもしれない。
けれど、半分くらいは暗い気持ちだったのだろう。
亮一につりあわない自分が彼との恋を成就させることはなく、また元恋人の問題が残っている。
叶わない恋だから、少しでも亮一を近くに感じたい。きゅんと恋する幸せな気持ちではなく、ただ見ているだけの切ない気持ちなのだ。

智紘はよくあることだが、以前の恋人とは共依存になっていた。
どうしようもない奴で、自分の思い通りにしようと暴力をふるい、ぼろぼろになった智紘にはお前がいないとダメなんだとすがりつき、優しくする。
そうした恋人に対し、自分がなんとかしなければ、自分が側にいてあげなければと思ってしまう。
完璧によくあるDV加害者と被害者の関係である。
それを断ち切るよう亮一は諭し、智紘を探し出して再び手元におこうとする元恋人から匿う。
智紘は大人しく、言われるがまま相手を受け入れてしまう性格だ。
両親が離婚・再婚し、再婚相手との間に子どもが生まれれば自分は邪魔者。
その肩身の狭い思いや愛されたいという思いが、たとえ暴力を加えられても自分を必要としてくれる相手が欲しかったのかもしれない。

智紘と亮一は元恋人の問題が解決しない中、恋人同士になり甘い時を過す。
亮一の従兄弟・はるかは彼のことが大好きなので智紘の邪魔をするが、二人の間にはまったく波は立たない。
キャンキャン吠えて足元にじゃれつく子犬なのだが、ちょっとうざくもある。高校生のわりにものごとの分別がつかず、中身はほとんど小学生なのだ。
はるかは亮一に愛される智紘が面白くないから、些細な意地悪をたくさんする。しかし、ほんのちょっとした意地悪が、はるかの思いも寄らないほど残酷なものだったりするのである。

智紘の居所をつかんだ元恋人のやり口はあまりに汚くて残忍で、自分に親切に優しくしてくれた人たちに迷惑をかけたくないと思う智紘をどんどん追い込んでいく。
これ以上迷惑はかけられないと考えるところに、はるかもまた亮一には良縁があるのだから邪魔をするなと言われ、逃げ場がなくなっていく。
結局最悪の形で元恋人との間に決着がついたとき、どんなにはるかが自分の愚かさを知って後悔して泣きすがっても、智紘はやはり居場所はないはずの故郷に帰ろうとしていた。

このあたりの智紘とはるかのやりとりが一番切ないなぁと思う。
はるか視点の「チョコレート・シガー」も合わせて読むと、よりいっそういい。
我が儘でお子様なはるかがあれだけうざくて気に喰わなかったのに、ひとつ成長して、でもやっぱり子どもなんだけれど、自分と亮一のことしか考えられなかったのに初めて智紘のことを考え、子どもなりに必死なのが切ないのだ。
智紘も嘘を吐かない性格のはずなのに、はるかに嘘をついて姿を消そうとする、亮一を想う心の強さ。
どんなに説得されても、大人しくて自分の意思を通すことがほとんどなかったのに、これだけは貫き通そうとする、そこが切ない!
だからこそ、最悪の記憶が残る雪を、亮一と本当に結ばれた幸せな記憶に変えられた後の幸せな二人を読みたかったと思う。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。