Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君も知らない邪恋の果てに」/鈴木あみ

鈴木あみ「君も知らない邪恋の果てに」 ill.樹要 白泉社花丸文庫

君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)
鈴木 あみ 樹 要

白泉社 2004-06
売り上げランキング : 71897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


再読。花降楼シリーズの一作目。
一度読んで合わないと思って処分して、今回花降楼シリーズコンプのためにまた買った。
2年も経つと読む側も変わって、あの時つまらないと思っていたのに結構面白かった。

主人公・蕗苳は高級旅館の御曹司。
甘やかされて育った蕗苳だったが、父が病気で経営がおぼつかなくなってくる上、だらしないが悪知恵の働く兄が借金を作り、旅館は壊滅状態になる。
そしてとうとう兄に花降楼に売られてしまう。

蕗苳には二つ上の幼馴染がおり、旅館の従業員の息子・旺一郎を我が儘だった蕗苳はこき使ってばかりだった。
旺一郎は売られる前夜、一緒に逃げようと駆け落ちを試みる。
しかし兄は強かで、医学部を目指す旺一郎を思う蕗苳は彼に酷い言葉を投げつけて振って、大人しく売られるしかなかった。

……とこんな風に書くとものすごーいメロドラマで、切ない話なのだが、個人的に旺一郎の行動がいちいちツボをついて笑いたくなってしまった。

なんといっても旺一郎はシリーズ一の執着心の持ち主だと思う。
多くの攻めたちが元々お金持ちの生まれで、多くの財産を既に持っているのに対し、旺一郎は普通の家の生まれ。
当然花街で遊ぶような金があるわけではない。
だというのに、蕗苳の水揚げまでの約2年の間に金を荒稼ぎして、躍起になって自分が水揚げしようと画策するのである。
なんという激しい執着…。

何よりすごいなーと思うのは、稼ぎまくった方法が正攻法ではないこと。
株で…とかならわかるが、まさか闇金とは(犯罪すれすれで警察に目をつけられている)。
水揚げまでの時間が短かったから、焦っていたのだと思うけれど、なんでそんな方法を取ったんだか。
さらに、駆け落ちしようとした時にこっぴどく振られたことを恨んでいたこともあって、やっと登楼して馴染みになったと思ったら、何日も泊まりっぱなしでやりっぱなし。
しかも無理にやった後の始末をしたり、窓枠に座って窓を開けたままやるしで、そっちもシリーズ中一番激しい…。

まあ、ちゃーんと旺一郎は蕗苳のことを考えて行動しているところもあるにはある。
売りに出されてしまった実家を買い取ってくれたり(闇金で稼いだ金で、というのはやはりどうかと思うが)、水揚げしようとしていた気持ち悪い客を撃退してくれたりと、ちゃんとヒーローでもある。
でも他の部分が楽しすぎて、個人的にはかなり変な攻めだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。