Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「臈たし甘き蜜の形代」/鈴木あみ

鈴木あみ「臈たし甘き蜜の形代」 ill.樹要 白泉社花丸文庫

臈たし甘き蜜の形代 (白泉社花丸文庫)臈たし甘き蜜の形代 (白泉社花丸文庫)
鈴木 あみ 樹 要

白泉社 2010-03
売り上げランキング : 69424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


花降楼シリーズ、その9。
テキトーな順番で読んでいるのだけれど、せっかくなら綺蝶×蜻蛉を先に読んでおけばよかったなぁと反省。
なにせ今回の攻め様は蜻蛉を身請けしようとして振られた御曹司・岩崎さん。
蜻蛉に振られてからかなり経っているのだけれど、前はどんなだったか知っていたら変化を楽しめたのに。
まぁ、これを書いている今は既刊すべて読み終わっているからいいんだけど…。


以下、感想。



受けはまだ禿の椛。花降楼の将来のお職候補。
顔が絶世の美しさを誇った蜻蛉に似ているのである。

その椛に目をつけたのが、かつて蜻蛉にぞっこんで身請け直前で綺蝶に攫われてしまった岩崎さん。
今では実家の貿易商で腕を振るっているできる男でお坊ちゃま。
何を考えたかと言うと、そりゃーもちろん若紫計画。
見た目が似ている椛を中身を自分の理想である傾城・蜻蛉になるように、そして今度は自分を一番に愛し裏切らない蜻蛉にするために、娼妓としての振る舞いや心構えを仕込んでいく。

しかし、どんなに顔が似ていても、椛は蜻蛉ではない。
大切に可愛がってくれる岩崎を慕う椛だったが、岩崎が自分を蜻蛉の身代わりにしていることを知ってしまい、二人の関係に亀裂が入ってしまう。
自分に懐いていたのに突然避け始めた椛にやきもきする岩崎と、好きなのに自分を好きなのではないことに苦しむ椛。
椛視点で語られる本文では椛自身を岩崎に愛して欲しいのに…という悲しさが伝わってくる。

だけど、岩崎さん贔屓の私にとって、椛の苦しみよりも岩崎さんの焦りや嫉妬が楽しくて仕方がなかった。
岩崎さんを避ける新造になった椛に、忍び込んで無理矢理抱いてしまうのだ。
心を縛れないなら体だけでもなんて、蜻蛉の時から成長していないじゃないか!
しかもまだ客をとれない椛は岩崎さんが水揚げすることになるのはほぼ確定とはいえ、水揚げ前に傷物になったわけで、見世にばれるわけにはいかない椛を脅してその後も登楼しては秘密の関係を続ける。
椛にしてみれば、蜻蛉の代わりを求めている行為にしか思えないわけだが、岩崎さんは椛が自分から離れてしまうのを恐れての行為。
好きだから酷いことをしてでも自分のものにしたいという気持ちは、実際にあったら嫌だけれど、読む分にはすごく好きだ! しかも抱いて乱すことで素の椛が見たかったなんて、酷いし黒いけどすごく萌える。
さらに椛を気に入って可愛がってくれる男・諏訪の出現に嫉妬心をあらわにする岩崎さん。
娼妓はたくさんの客を相手にすることをわかっていても強い執着心が湧いてくるという時点で、ただ椛を蜻蛉の代わりにし、理想の傾城に育て上げることが本心ではなくなっている。

最後は岩崎さんがやっと蜻蛉の思い出から離れることができ、椛の水揚げと身請けでめでたしだけど、この本は岩崎さんの成長物語だったんじゃないかと思う。
椛にとっては岩崎さんに振り回された切ない初恋だけれど、岩崎さんが昔の恋を振り切って成長できるかどうかがこの恋のポイントだったから。

そもそも禿の頃から椛には蜻蛉と違う可愛がり方をしていた。
蜻蛉のことがずっと頭にあったんだろうし、椛とは幼い頃に出会ったということもあるのかもしれないけれど。
膝に抱いて、仕事で行った外国の話をしたり、わざわざ写真を撮ってきて見せたり、珍しいお菓子を買ってきてプレゼントしたり。
これってやっぱり椛は椛として認識していたということでしょう。
それが可愛くてしょうがなかったんだから。

結局椛は岩崎以外の客をとることなく吉原を出るわけだけれど、椛はこの後どうしているのかなーってすごく気になる。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。