Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白き褥の淫らな純愛」/鈴木あみ

鈴木あみ「白き褥の淫らな純愛」 ill.樹要 白泉社花丸文庫

白き褥の淫らな純愛 花降楼シリーズ第七弾 (白泉社花丸文庫)白き褥の淫らな純愛 花降楼シリーズ第七弾 (白泉社花丸文庫)
鈴木 あみ 樹 要

白泉社 2007-12
売り上げランキング : 108798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


現代に吉原復活した花降楼シリーズ7作目。
発行順が時系列になっているわけではないので、どこから読んでも大丈夫みたいだ。

「夜の帳、儚き柔肌」が気に入ったので、調子に乗ってもう1冊。
ちなみに電子書籍で購入したのだが、紙の方が安いという…。
こうなったらこのシリーズを制覇してやろうと思うので、紙で揃えようと思う。


以下、感想。




さて、今回の主人公は超高級遊廓である花降楼の規格外色子・撫菜(なずな)。
どう規格外かと言うと、花降楼は最高級の色子しか置かないので気品と教養を要求される。
その点、撫菜は簡単な道順も覚えられないほどお馬鹿さんで、接客業とは思えないほど感情の機微を捉えるのが下手。しかも売られてくる前は辛くて酷い生活で、その中で処女を失っていた。
取りえは明るく元気な性格と、男を骨抜きにする体と床上手なこと。
無邪気に明るいので、高い地位ゆえに辛いことも多いだろう客にとっては癒しになるらしく、そこそこ売れっ子になっていた。

そんな撫菜はある日、傾城(花魁に相当する役職)の葵にくっついて外に花火を見に行けることに。
撫菜はそこで氷瑞(ひずい)という男と出会い恋をしてしまう。
吉原に帰った撫菜に楼主はあるゲームを提案してくる。
楼主と縁続きである氷瑞を落とすことができたら自由になれるというもの。
もちろん失敗した時の代償はとても大きかったが、もう一度会えるならと撫菜はのってしまう。

氷瑞は過去に苦しむ地位のある青年。
しかも大の遊廓嫌い。娼妓は汚い職業で、平気で嘘を吐く信用ならない人間だと信じている。
なので撫菜は自分が色子であることを隠して氷瑞に会いに行く。
吉原の中にあるうどん屋できつねうどんをふたりで食べるのが楽しみになるのだが、撫菜だけでなく氷瑞が口実をつくってまで次の約束を取り付けるのが可愛くして仕方がない。
冷たくツンツンした態度ばかり取る氷瑞だが、たまに優しさを見せたり、話が進むと激しい嫉妬もする。
最高のツンデレ攻めだ!

うどん屋デートを重ねる二人だが、いつまでもそのままでいられるはずもなく、撫菜が花降楼の色子であることが氷瑞にばれてしまう。
うどん屋でのもどかしくも幸せな二人の姿もよかったけれど、嫉妬に狂って撫菜を買い続ける氷瑞がいい。
攻めは嫉妬してこそ魅力的なんじゃないかと思う(偏見)。
そして一番切ないのが情事後の会話。
氷瑞視点で、色子は汚くて嘘を吐くというフィルターを無理矢理つけて撫菜の話を聞いているのだが、読んでる方にはお馬鹿だけれど明るくていつも笑っている姿が切なくて悲しく見える。
忍はとにかく健気で切なくて、それは暮らしぶりからも本人からもにじみ出てきていた。撫菜は一見すると底にあるものが分からない上、ずれた幸せの感覚が悲しすぎるのだ。
その後も撫菜は大好きな氷瑞のために無茶をしでかすもなんとかゴールイン。

個人的には蘇武×忍よりこちらの二人の方が好きだなぁ。
ストーリーも面白いし、うすうす気付いていたけど私はツンデレ萌えなので氷瑞が大好きだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。