Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「是-ZE- 10」/志水ゆき

志水ゆき「是-ZE- 10」 ディアプラスコミックス

是 -ZE- (10) (ディアプラス・コミックス)是 -ZE- (10) (ディアプラス・コミックス)
志水 ゆき

新書館 2010-12-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


いよいよ真打登場。和記編。
過去の話で、今まで名前しか出てこなかった力一たちが描かれている。
そして、現在の三刀家の言霊師と紙様の仕組みの始まりも。

まず、今まで読んできて和記が一番謎の人物だったのだけれど、修験者の一族の出だそう。
三刀家にいたっては、紙様はいないけれど言霊で呪殺するのを生業にしていたことは変わらず。
和記も力一も大勢の人を殺しすぎて年をとらなくなってしまった業の深い人たちだった。

力一はどんなひとかと言うと、豪快で無邪気。懐も深く、笑って受け入れる。
ちょっと頭おかしいんじゃないかと思うが、殺人に罪悪感は全く感じていない。
よくよく考えると平気で人を殺せるところは恐ろしいが、魅力的でもある。
とりわけ人殺しの自分を厭っていて、自殺しようとして死ねない和記にとってどれだけまぶしい存在だろう。
和記たちにとって特別な存在になるのは当然なんだろうなぁ。

それからラブの部分。こちらは少しだけだったのだけれど、和記×紙様の真鉄でとりあえず。
互いに特別な想いがあるが、いかんせん真鉄が人の心に疎いので無邪気に和記にじゃれついてそのまま唆されるように抱かれてしまう。しかもそれについて深く考えている様子もない。

まだ起・承といったところなので、これからどんな運命を辿るのか次巻が楽しみ。
そういえば、生まれたばかりから近衛は散々に扱われていておかしかった。変わらないなぁ。




書き下ろしは玄間×氷見。
やってるだけなんだけど…。
これを読んで気がついた。
このカップルのベッドシーンは好きじゃないということに。
でも玄間×氷見自体は大好き。
むむむ……

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。