Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「唇よりも熱く」/成宮ゆり

成宮ゆり「唇よりも熱く」 ill.桜城やや 角川ルビー文庫

唇よりも熱く (角川ルビー文庫)唇よりも熱く (角川ルビー文庫)
成宮 ゆり 桜城 やや

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-01
売り上げランキング : 69457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


成宮さんらしい、王道設定でひねりを利かす、そんな一冊。
24歳自動車会社社長兼天才エンジニア×29歳秘書。

お気に入りの所としては受けが男らしいこと。
アメリカの保険王と称される腹黒セクハラ男・ランディの優秀な秘書として有名になるも、ベッドに誘われ殴って解雇という素敵な経歴の持ち主。
おかげでゴシップ誌に載ってしまった醜聞付きだが、高校中退ながら運もあったにせよ自力でのし上がってきた辣腕である。
怒らせると怖くて、最後の報復はなかなか見事だった(少々卑怯な気もするが)。
そして攻めの誘いをきっぱり断って同性との恋愛に嫌悪感を示す最初の頃の反応もよし。
攻めになびく過程でところどころ可愛らしさが垣間見えるのがすごくいい。
ついでにコンサートのチケット等、小道具の使い方が上手いことも挙げておく。

ちょっと惜しいなぁと思うところは、攻めの天才っぷりがあまりに現実離れしてしまっているところ。
自動車に関しては詳しくないのでちんぷんかんぷんだったが、ひとつの記号として捉えられるので問題はない。
また、攻めが飛び級して大学を卒業したり、若くして大発明をしたり、そもそも大企業の御曹司でお金持ちの社長というのは、お約束のBLファンタジー。まぁそこはいい。ただ、一人で兵器開発に流用できるようなエンジンを開発してしまったり、会社の目玉となる商品を一から1年ほどで開発・商品化してしまうのはあまりに非現実的すぎたような気がする。
才能溢れる男との恋はロマンチックだが、いささかやりすぎると興醒めなようだ。
読者の我が儘ではあるが、BLファンタジーでもある程度は地に足をつけたリアリティが欲しいのである。
リアルすぎてもダメなので、その辺難しいんだろうなぁと読むだけの人間は勝手に想像してみる。

そういえば、攻めの兄がものすごーい堅物で、どこから見ても攻めが受けに一方的に迫っているのに受けを敵視して弟を溺愛しているところ。
なんだか崎谷はるひさんの「不埒なモンタージュ」の兄を思い出してしまった(兄が主人公のスピンオフは読んでない)。
全然違うんだけれど、笑っちゃうほど堅物で弟を溺愛して自分の偏見を押し付けているところは似ていると思う。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR