Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷痕」/火崎勇

火崎勇「傷痕」 ill.夏目イサク ラピスキュリオ

傷痕 (ラピスキュリオ)傷痕 (ラピスキュリオ)
火崎 勇 夏目イサク

プランタン出版 2004-08-31
売り上げランキング : 426305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


主人公たちの関係性はなんとなく「束縛の呪文」を彷彿とさせた。
いや、結構異なるところはあるんだけれど、受けが攻めに愛想尽かされないために愛情を隠しているところはにている。
そういえばラピス文庫って色々あるけれど、何がどうちがうのかよくわからない…


主人公・見沢は大学生。中学からの友人・志宮とはキスをしたり抱き合ったりする。
最後まではやらない。
好きで愛しているけれど、自分の気持ちははぐらかして本心は伝えない。
なぜなら、女の子にもてる志宮は彼女が独占欲を見せると鬱陶しがって振ってしまうのを何度も目にしているから。
愛していると言って独占欲を見せればたちまち離れていくだろう。
友達だったらごめんで仲直りできるけれど、恋愛ではそうはいかない。
見沢は志宮と一緒にいるために、違う大学に進み、同居の話を断ったのである。

見沢が志宮に嫌われたくなくて、けれど他の女の子たちと遊んでいるのをやめろと言えないのがせつない。
見沢視点で話が進むので、志宮が何を考えているのか最後までよくわからないのだが、見沢が好きでたまらなくて苦しんでいるのに、複数の女の子たちと体込みで遊んでいる志宮のことは殴りたくなった。

結局のところ、志宮も見沢が好きで、見沢が抱かれることに嫌がるそぶりを見せるから気を遣って他の女の子を代わりにしていたというのである。
分かりにくい愛情表現にやっぱり殴りたくなった。しかもその方法自体最低だし。
別れを恐れて気持ちを伝えなかった見沢も悪いのだろうが、志宮のほうがずっと悪い。

最後はハッピーエンドでよかったねぇって感じだが、志宮にはあまり好感は抱けない。
むしろ、気に入ったのは見沢の友人たち。
今どき結婚するまでえっちはしないという堅物・道下と教授と不倫して見沢に同病相哀れむで好意を寄せていた鹿賀。
見沢の苦しい思いを聞いてくれるいい友人だなぁと。
そして道下に関しては、登場人物の中で付き合うなら絶対こいつがいいと思う。
誠実に愛してくれそうだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。