Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大奥 1」/よしながふみ+映画「大奥」

よしなふみ「大奥 1」 ジェッツコミックス

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
よしなが ふみ

白泉社 2005-09-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→大奥   1

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


映画化ということで興味を持った。
映画を見る前日に読んだのだが、これは面白い!と胸を躍らせた。
そして結局2度も観てしまったのだが、やはり面白い。

映画はほとんど原作に忠実なつくり。
原作との違いは鶴岡と水野の決闘と、原作での松島と柏木の役割を映画は松島ひとりで担っていたくらいか?
原作は水野が鶴岡に勝ったあと鶴岡について触れることはなかったので、映画オリジナルの対決シーンはよかったように思う。
キャスト陣がどれもはまり役だったのも高評価。吉宗はあの人以外ないね。

男女の立場が逆転しているという奇抜な設定だが、意外としっくりくるのが不思議である。
2巻以降も読み込んでいくと分かるのだが、とてもよく史実も踏まえて書かれている。
初めて映画を観た時点では1巻しか読んでいなかったが、パンフレットの説明を読んで、史実とフィクションが上手く融合していることを知って驚いた。
私は歴史に詳しくないから、気付いていないことも多いんだろうけれど、上手いなぁと思う。

そしてただ面白いだけではないのがまたすごい。
水野の身分違いの恋と大奥のしきたりによる非情な定めには涙が溢れてきた。
原作読んで、映画を観て…涙もろいのもあるけれど、合計3回泣いた。

映画は水野が恋するお信の元へと帰り、吉宗は国政への意欲を見せて終わった。
原作1巻ではその後、男女逆転している世の中に違和感を抱いた吉宗が大奥で春日局の時代からつけられている日記を求め、事実を知っていくことになる。
水野の大奥での物語は終わったが、吉宗はまだ終わらない。
どうなっていくのか、とても楽しみだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。