Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「至福の庭~ラヴ・アゲイン~」/六青みつみ

六青みつみ「至福の庭~ラヴ・アゲイン~」 ill.樋口ゆうり リンクスロマンス

至福の庭~ラヴ・アゲイン~ (リンクスロマンス)至福の庭~ラヴ・アゲイン~ (リンクスロマンス)
六青 みつみ 樋口 ゆうり

幻冬舎コミックス 2004-08-28
売り上げランキング : 246324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


初めて読む作家さん。
なんとまぁ、痛々しいというか、酷い…。

心理カウンセラーの兄と二人暮らしの主人公・佳人。
体格がよく、腕力のありそうな男性に対して恐怖心を覚える対人恐怖症である。
26歳なのだが、怖がっておどおどしている様子が幼い印象をもたらすが、アロマセラピストとして人を癒したいという目標を持ったしっかりした一面もある。

ある日、兄のカウンセリングを受けに藤堂という男性が訪ねてくる。
ハンサムで、背が高い彼は佳人にとって恐怖心を抱かせるが、どういうわけか惹かれていく。
怖いのに会いたい。
相反する気持ちに佳人は戸惑う。


佳人が対人恐怖症(というより男性恐怖症)になったことには理由があり、しかし本人は覚えていない。
一番嫌な記憶だから、忘れることで自分で守っているのである。
その過去には藤堂も深く関わっており、元同級生・元恋人という関係でありながら、酷く佳人を傷つけた藤堂は一番の恐怖の対象となってしまっていたのである。

昔の藤堂は本当に最低である。
顔は綺麗だが地味な存在だった佳人を上京してだんだん派手になっていった藤堂は疎んじ、愚痴を聞いて受け入れてきた佳人の無償の愛が無尽蔵にあると勘違いした。
佳人が自分を好きだからかまってやっていると付け上がり、本当は自分が離したくないことを気付けずにいた。
だからといって彼が助けを求める佳人を見捨て、こっぴどく振ったことは許されることではない。
残酷な仕打ちを受けたのに藤堂のことを好きで、けれど信じきることができない佳人に藤堂は苦悩することになる。
ざまぁみろ。

両思いになったあとの佳人は、藤堂について記憶を失くしてから会った“藤堂さん”と過去に自分を傷つけた“大司”を別の人間として考えることで藤堂を受け入れていた。
反省して佳人を心から愛する藤堂はとても優しいが、過去の藤堂は平気で飽きたからと言って捨てる人間だった。
期待に応えなければ飽きて捨てられると思い、無理に体を開く佳人が痛々しかった。
今まで藤堂に不信感を抱いていたことに気付き、やっと二人の距離は近づいていく。
しかし大怪我をして歩み寄ったところで終わってしまったので、ラブラブなシーンが少なくてとても残念。
心が通じ合ったえっちシーンが欲しいよ……。

そういえばブラコンな佳人のお兄ちゃんもよかったなぁ。
藤堂をもっといじめてほしい。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR