Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい話なんだけど、個人的に悲しい…

榎田尤利さんの絶版本の中で人気が高いものの一つに「永遠の昨日」がある。
クロスノベルスはなかなか増刷しないイメージがあって、需要はありそうなのに品切れ重版未定≒絶版なのである。
他社レーベルにも言えることだけれど、もっと重版してくれればいいのにと思ってしまう。
気に入った作家さん、作品ならば、新品で買いたいと思う。
それが作家さんにも出版社にも利益になるし、読者としても好きな本を繰り返し読んでいく中で思い入れのあるページがよれちゃったりとか、涙をこぼしてシミになってるとか、そんな思い出が刻まれていくのもいい。
ボーイズラブという狭い分野の中では難しいことだとは思うが、名作を手にしやすい環境は望ましい。

さて、本題。
11月18日に白泉社から四六版ソフトカバーで
「永遠の昨日」の新装版発売!!


イラストは紺野キタさんだとか。ほほぅ。
ちなみに値段は1470円だとか。
ソフトカバーにする必要性がわからないのだが(安いほうがいいじゃん)、利益は出しやすいんだろうな…。

大変喜ばしいニュースなのだが、個人的にはだいぶ悲しい。
絶版で人気の高い本は、なかなか手に入りにくく、それゆえオクやマケプレなどでは値が高騰する傾向にある。
感動できる本を求めて私も大枚をはたいたわけだ。しかも今年。
書き下ろしはないらしいので買わない方向で考えているが、中古を高値で買った人だけでなく発売当時に入手していた人にとってはなんだか微妙である。
持っていないとすごく嬉しいんだけれど…(複雑)

で、これからの出版業界に期待したいことは絶版本を電子書籍で配信してくれないだろうかということ。
私自身は紙の本が好きである。
画面に表示された文字を追うのは好きではないし、現段階の電子書籍には不満がいっぱいある。
けれど、重版することや出版しなおすことが難しいのなら、読みたい人は買うと思うのだ。
ついでに単行本未収録の雑誌掲載作なんかも配信してくれると嬉しいなぁ。
勿体無いと思うんだ。
進んでるところもあるみたいだけど(春ちゃんシリーズは電子書籍で読めたわけだし)、過去に出されてきた膨大な数を考えればまだまだだだろう。
どこかに自分の心を鷲づかみにしてくれる作品があるかもしれないと思うともどかしい。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。