Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「静かにことばは揺れている」/崎谷はるひ

崎谷はるひ「静かにことばは揺れている」 ill.志水ゆき 幻冬舎ルチル文庫

静かにことばは揺れている (幻冬舎ルチル文庫)静かにことばは揺れている (幻冬舎ルチル文庫)
崎谷はるひ 志水ゆき

幻冬舎 2010-09-15
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


「心臓がふかく爆ぜている」のスピンオフ。
存在感の大きかったグリーン・レヴェリーの女装社長が主人公である。

綾川が女装していた(本作は心臓~の2年後の話)のは、母親を早くに失くした息子のためである。
必要に迫られて一人で母親と父親をやっていたのだ。
だから、女装趣味もないしゲイでもない。

綾川の相手となる人物は齋藤と同じマッサージ店で働いていたことがある友人の白瀬。
音叉セラピーなるものを初めて知ったのだが、綾川と同じくスピリチュアルな話をされるとすごく胡散臭く感じてしまった。
でもなんだか面白そうで、BLって様々な職業をネタにしているところがあるから楽しいなぁと思ってしまう。

綾川は亡くなった妻・彩花を今も愛しているのだが(相手が死んだからといって過去形で語る必要はないと思うのだ。今、相手を想っているのも事実なのだから)、白瀬が気になってしまう。
ゲイと勘違いされて誘われたり、誤解が解けた後も息子の寛(ひろい)が懐いて白瀬が日中の面倒をみるようになって二人は関係を深めていく。
けれど綾川は彩花のこともあって白瀬への曖昧な気持ちに悩み、白瀬は自分からアプローチしてきたのに距離を置くようになってしまう。

綾川が齋藤に相談するというのがとても面白かった。
綾川は終始いい男で、へたれたりはしないのだが、いつもうじうじしている齋藤が成長しているのが微笑ましいのだ。

一方の白瀬にはあまりにつらい家庭の問題と過去のトラウマがあった。
どうかしているとしか思えない白瀬家にはあんぐりと開いた口が塞がらない。
綾川たちが力を合わせて解決するが、気分の悪いことこの上ない。

綾川と白瀬はきっと入籍して本当に白瀬は「うちの子」になっちゃうんだろうなぁ。
戸籍上は寛の兄になるわけだが、男のお母さんってところかな?
それとももうひとりのお父さん?
もう少し先の綾川一家をのぞいてみたい。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。