Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏目友人帳 10」/緑川ゆき

緑川ゆき「夏目友人帳 10」 花とゆめコミックス

夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき

白泉社 2010-07-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


夏目もついに10巻。
初めて夏目を読んだのは、雑誌で2巻に収録されている田沼との出会い編だったか。

今回もこころがほっこりあたたかくなる、眦に涙の粒が浮かぶような話だった。
「偽りの友人」と「月分祭」の二つの話が収録されているが、やっぱりもうちょっと短くまとめられているほうが、夏目らしい気がするのだが、どうなのだろう。
やっぱり難しいんだろうなぁ。

「月分祭」はあやかしに依頼された夏目と、人間に依頼された名取が対立してしまう話。
名取は好きだが、感情移入しやすいのはやはり「偽りの友人」。
夏目が以前、あちこちの親戚をたらいまわしにされていたころに知り合った少年・柴田の話。
柴田はいやなやつなんだけれど、こういう人はいるだろうなぁって思う。
そして、おそらく多くの人はこういう部分を持っているのだろうと思う。
きっと私も夏目みたいな人が近くにいたら、夏目を信じられるかあやしいものだし、たとえ自分が信じることができても、周りの意見に流されるか、自分の保身のために周囲に合わせるだろう。
村崎(あやかし)はせつなかったな。柴田と村崎が最後に約束を果たすところに胸が締め付けられる。

派手さはないけれど、じっくり読ませてくれる漫画って貴重だと思う。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。