Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FLOWER」/木原音瀬

木原音瀬「FLOWER」 ill.金ひかる B-BOY NOVELS

FLOWER (ビーボーイノベルズ)FLOWER (ビーボーイノベルズ)
金 ひかる

リブレ出版 2007-06
売り上げランキング : 19992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


『WEED』のスピンオフ。
鼻持ちならない心臓外科医・若宮の悪友、谷脇が主人公。
あの谷脇が主人公か、さぞかし胸くそ悪い話だろうと思っていたが、なるほど。
第一印象は、酷い、悲しい、ざまぁみろ

谷脇が遊びのターゲットに選んだのは、大人しそうな医大生・松本。
酒に弱いと聞いて、泥酔させてお持ち帰り。
甘い言葉で心も落とし、身体を弄んでいるのだ。

谷脇にとって松本は楽しいオモチャ。
松本にとって谷脇は、酷いことをされてもどうしようもなく好きになってしまった人。

谷脇の思い通りに松本が動いたのは最初のうちだけで、松本が意外と聡く、偶然もあって谷脇の思惑に松本は気付いてしまう。
上手く松本を踊らせることがことができずに苛立つ谷脇。それはオモチャが思い通りにならないからか、隠れた恋情からくるものなのか。たぶん両方だったのかもしれない。

最後は松本は若くして胃癌で亡くなる。
消化器外科医で、医者として最低の人間でも手術の腕は一流の谷脇に松本は手術を依頼する。
どんなに弄ばれても谷脇が好きで、少しでも長く側にいたかった気持ちがせつない。
迫りくる死への恐怖に負けそうな自分を好きな人に見られたくないと思う矜持も悲しい。

失ってから気付いた谷脇には同情は必要ない。
それだけのことを彼はしてきたし、相応の罰が下ったのである。
容赦ないが。



表題作とまったく関係のない話も収録されている。
「Green Green」。
ツンデレ兄が受けの兄弟もの。

特にツンデレに魅力は感じないが、可愛いとは思う。
頑張って自分を保とうとしていて、でも崩れそうで不安でいっぱいなのだけれど弱いところを見せることができない。
これはあんまり可愛さは感じなかったけれど、表題作があんまりにも酷い男の話だったもんだから癒しに思えた。


Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。