Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プロメテウスの肝臓 上」/篁釉以子

篁釉以子「プロメテウスの肝臓 上」 ill.史堂櫂 アイスノベルズ

プロメテウスの肝臓〈上巻〉 (アイスノベルズ)プロメテウスの肝臓〈上巻〉 (アイスノベルズ)
史堂 櫂

オークラ出版 1998-04
売り上げランキング : 1159311

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


『春の探針』を読んでとてもこの作家さんが気になって購入してみた本の一冊。
他に『真夏の合格ライン』という文庫も買ったのだが、そちらはちょっと読んでみただけで挫折。
あまりのアホっぷりについていけず…。

本作は表題作と「イカロスの翼」の2編からなり、「イカロスの翼」は下巻に続いている。
なのでここでは表題作の感想のみ書くことにする。



主人公は中学教師の哲也。
哲也自身、家庭の問題を抱えている。
哲也の昨年度の担任クラスではいじめがあり、いじめられていたのは佐々木拓美といった。
かなり悪質ないじめがおこなわれていたようだが、学校側は臭いものにはふたをするといえばいいのか、問題解決に力を注ぐようなことはせず、むしろ佐々木がいじめられているのに毎日学校に来ることを鬱陶しく思っている。
佐々木が学校に来なければ佐々木はいじめられないわけだから、学校は楽だよな、確かに。
そして最低なことに、哲也もそう思っている。面倒ばかり起こしやがって…と。
しかも、佐々木はなんでかいじめの主導者となっている生徒を見ているようなのだ。
いじめられているのに好きなのか!? と哲也は訝るが、実は単にいじめてる奴がたまたま哲也と一緒にいることが多いだけで、佐々木は哲也が好きで見つめていたのである。
その勘違いについてはあらすじを読んだ時から気付いていたので意外には思わなかった。

佐々木は哲也が担任からはずれてからも続くいじめを苦に自殺を図る。
今まで耐えていたのは哲也が助けに来てくれるから、それが嬉しかっただけなのだ。
一途に恋をする気持ちはわからないでもないけれど、それでいじめに耐えられるものなのだろうか。
それだけ哲也が好きだったんだよ、ってことなんだろうし、あるいは恋は盲目という理由なのか。

私には佐々木は理解できなかったのだけれど、哲也にとっては救いだったようだ。
家庭の問題で打ちのめされた哲也には一途に慕ってくる佐々木はさぞかし可愛かったことだろう。
けれど哲也は佐々木の想いに応えることなく(体には八つ当たりしたけど)、寮制の高校へと送り出したのだ。

それからというもの、佐々木は一生懸命毎日毎日哲也に手紙を書き続ける。
哲也は佐々木の手紙を読まないが、家庭の問題でひとつの決着がついたときや佐々木が高校の友人といる姿を見たときに気付くのである。
どれだけ佐々木が自分にとって大きな存在になってしまっているのか。
3年…4年かな? の月日を経て佐々木の恋は実ったわけである。
教師を辞めるとはいえ中学の元教え子で高校生が相手だなんて、哲也は犯罪者だ。
元々そんなに道徳観があるような人間ではないし、高校から続くセフレもいるしで感心できるような人間ではないから気にならないが。

タイトルだが…。
元は佐々木の言葉とはいえ、佐々木と哲也をプロメテウスとその肝臓を喰らう鷲にたとえるのは下手なこじつけにしか思えない。
哲也への恋に縛られ苦しみ続ける佐々木と、自由に翼で飛ぶが佐々木の肝臓を毎日喰らい苦しめる哲也、ということだが、なんかしっくりこない。
無理にギリシャ神話をもってこなくても、うまくまとめられたんじゃないかと思ってしまう。

さて、下巻「イカロスの翼」はどんな話だろう。
蝋の翼で太陽に近づこうとしたお馬鹿サンみたいな話なんだろうが。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。