Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソルフェージュ」/よしながふみ

よしながふみ「ソルフェージュ」 白泉社文庫

ソルフェージュ (白泉社文庫)ソルフェージュ (白泉社文庫)
よしなが ふみ

白泉社 2004-11
売り上げランキング : 42843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


映画「大奥」を観て、よしながふみ熱が我が家に到来。
「西洋骨董洋菓子店」しか読んだことはなかったんだけど…。

表題作と4編の短(中)編が収録されている。
初出を見てみると、ビーボーイと花音。
すべてBL作品である。
けれど、誰が読んでも素晴らしいと言いたくなるものばかりである。
すべてが恋愛においてハッピーエンドではなく、生きていく厳しさも描かれていて、けれどとてもいい。


以下、作品ごとの感想。



「本当に、やさしい。」

主人公はヒモ(しょうもないな)。名は悟。
なにやら母親と過去に色々あって、それから男しか相手にしていないようである。
母親がトラウマになっているのか、恋人が女の匂いをさせていることを酷く嫌がる。

ある日女物の香水の匂いをさせて帰ってきた恋人の首を絞めてしまった悟は、恋人の家を出る。
逃げた公園で会ったのは、ビスケットを差し出してきた青年・裕一。
悟にとってはいいカモで、裕一の家に上がりこみ無理に体の関係に持ち込む。
裕一は嫌がることなく、悟を受け入れ、母親のことも優しく受け止める。

しかし、女の匂いをさせて帰ってきた彼に怒って悟は恋人の部屋に帰る。
運よく死んでおらず、再び一緒に暮らすが、ニュースでは裕一が殺人者となって報道されていた。

裕一は何らかの障害があったようだが(言動が幼い)、擦れた悟にとってはピュアで優しい存在であった。
読み解くのが難しく後味の悪い終わり方だが、好きな作品である。


「パンドラ」

江戸時代が舞台。
錠前破りで犯罪を犯していた二人(♂×♂)は足を洗ってひっそりと暮らしている。
そこに、ひとりの男が訪ねてくる。
生まれてくる子供のため、異人の父親が女郎だった母親に残していった箱を売って金にしたいのだが、鍵がかかっていて開かないので開けて欲しいというもの。

再び鍵を開けてしまうことで犯罪者に戻りたくない二人だが、男の子を思う気持ちに応えようとする姿がいい。
また、箱の中身もとても素敵だ。
あたたかな気持ちになれる話。


「昨日よりいつも違う日」

誤解と先走りにより結ばれる二人の話。
進学により離れ離れになるって学生にとっては大きな事件だ。

これから二人は仲良く浪人生活かな?


「すこしだけ意地悪な告白」

遠回りをしてしまった二人の話。
ずっと友人でいたわけだが、お互い本心を隠して仮面をかぶっていたわけである。
片方と結婚していたアビーには同情する。
結婚前のエピソードをもっと読みたいなぁと思ったり。


「ソルフェージュ」

全5編。
歌手…といってもクラシックの歌い手。
私はクラシックは好きだけれど、あまりオペラは聴かない。
歌詞がわからないからつまらないし、歌詞の内容が分かっていてもたいてい記号化していて聞き流してしまうので滅多に聴こうとは思わない。

音楽教師の久我山はゲイ。
久我山がレッスンをしているのは音楽学校を目指す中学生・田中。
母親に問題を抱える田中は、久我山が指導する合唱で音楽の楽しさを知り声楽を志すが、久我山に対して寂しさへの癒しを求める。

久我山は純粋に音楽を好きだと言う田中に惹かれたのだろう。
音楽を愛していたから、自分が音楽の魅力を教えることができたことが嬉しかったのだろうなぁ。
そして田中も音楽の楽しさを教えてくれ、寂しさを埋めてくれた久我山を好きになった。
二人は音楽を通じて愛し合ったのである。

だから、教え子に手を出したとして久我山は田中と別れることになり、後に田中の代わりにしてしまった恋人と刃傷沙汰を起こして僻地に追いやられるという憂き目を見ても、音楽が二人を再会させてくれたのである。
再会したふたりがまた恋人として過している可能性は低いと思うが、音楽を愛する同志として仲良くしているのだろうなぁと思う。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。