Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「綺麗な彼は意地悪で」/日生水貴

日生水貴「綺麗な彼は意地悪で」 ill.あさとえいり 角川ルビー文庫

綺麗な彼は意地悪で (角川ルビー文庫)綺麗な彼は意地悪で (角川ルビー文庫)
あさと えいり

角川書店 2008-01-01
売り上げランキング : 242658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


芸能界もの。
芸能事務所社長の息子・志月はハリウッドで活躍中の俳優・宰川のマネージャーをすることになった。
相手が男でも女でもだらしないという宰川の見張りのため、一日中張り付いていなければならないので同居するハメに。
宰川は早々に志月に手を出すけれど、どうせならその男にも女にもだらしなかったエピソードが知人友人から出ると面白かったのに。遊んでたいい男がたったひとりに惚れこんじゃうってよくあるけれど、やっぱりロマンチック。
ベタでもなんでも、夢を見れればそれでよし。

宰川が日本に戻ってきた理由は、ある映画に出演するため。
その映画は十一年前に宰川がデビューした映画の続編なのだ。
志月は宰川のセリフ合わせの相手をしたり、役作りの相談を受けたりする。
実は志月は十一年前の映画で共演した伝説のモデル『篝』だったのだが、ある事件を機に人見知りに拍車がかかり人前に出られなくなっていたのだ。
志月は宰川と接していくうちに、俳優として演じたいという本音をじわじわと引き出されていく。
宰川へのファンとしての憧れが恋へ変わっていく過程を含め、映画の役が上手く活かされていたと思う。
志月の今後の活躍が気になるなぁ。

ある程度展開が読めてしまう部分はあったけれども、面白かった。
高坂監督の企みについては予想外だったけれど…そこまで映画のためにやるのか。すごいな…。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。