Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青鯉」

たけうちりうと「青鯉」 ill.高階佑 シャイノベルス

青鯉 (SHYノベルズ)青鯉 (SHYノベルズ)
高階 佑

大洋図書 2007-12-07
売り上げランキング : 326206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート えんじハート 赤


BLにしておくのがもったいない。
静かなたたずまいの、幻想的で耽美的な小説である。
この不思議な趣の本に出会えてよかった、と本気で思える。


「青鯉」「デリート」、「青鯉」の番外編「星のもとで君が」を収録。


「青鯉」はあるサラリーマンが、ある日突然、体が臭うようになり、ひとりの青年と出会う物語である。
主人公・亮は妻子があり、郊外に一戸建て住宅も建てた『よき夫』である。
しかし、まるで鯉のように水を求め、同じ異変を体に宿した者(しかも雌雄があって、雄が必ずしも男に現れるとは限らない)である大学生・匠と触れ合うことで快楽を手にすることに溺れるのである。

短い期間ではあるが、話を重ねていくうちに亮は匠に惹かれ、匠もまた亮に惹かれるのだ。
亮には家庭があるはずだが、オチはなんとも面白かった。
実は妻には雄の麟紋が現れる徴候があって、同じ雄の麟紋の持ち主である亮と反発し、家を出て行ってしまったのだ。

毎月30万の仕送りは大変だろうと思うが、好き合う者同士一緒になれるようでよかった。
この体の異変のメカニズムは本当に不思議で、どうやら彗星が絡んでいるらしい。
「星の~」では匠の家族が匠にあてた手紙を模して書かれており、天体望遠鏡で彗星の観察をするのだそう。

水の中でのふたりはすごく綺麗だった。


「デリート」は感情のない吸血鬼である霧原と、霧原を一心に愛する天野の話である。
霧原には探しているものがあるのだ。それは、天使である。
霧原のいうところの天使は一般的なものとは違って、おそらく、嫌うことも好きになることもできない彼が本当に心から愛することのできる存在なのだろう。

霧原は優しいので、天野を傷つける前に遠ざけようとする。
けれど、天野は無理に霧原の傍にいようとし、あまつさえ血を与え抱かれようとする。
天野の霧原を想う気持ちがすごく痛々しいほどにせつない。
そして、霧原は感情を知らない分、天野が言うとおりすごく純粋なのである。
だからすれちがってしまった。

この話も不思議なもので、たぶん夢オチではない。
デリートというタイトルどおり、だんだんと霧原の周囲が切り取られ、そして霧原は削除される。
ふと気がついたときには、天野を受け入れるべき瞬間へと時は戻っているのだ。

「青鯉」よりこちらのほうがせつなくて、好きだなぁ…

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。