Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひそやかな微熱」「終わらない微熱」/きたざわ尋子

きたざわ尋子 ill.陸裕千景子 角川ルビー文庫
「ひそやかな微熱」「終わらない微熱」


ひそやかな微熱 (角川ルビー文庫)ひそやかな微熱 (角川ルビー文庫)
終わらない微熱
陸裕 千景子

角川書店 2003-08
売り上げランキング : 265542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


これぞルビー…みたいなストーリー(偏見?)。
内容が薄い気がするけれど、陸裕さんのイラストがたくさん見れてよかったよかった。

やり手弁理士の皓介は、掃除だの洗濯だの家事が面倒くさいという理由でホテル暮らし。
仕事場も同じ建物の中にあるので、出勤も楽々。
弁理士がそんな儲かる職業なのかどうかはしらないが、なんて生活能力に欠けた奴だろう。
自分でやろうという気をまったく起こさないのにも呆れる。

そんな皓介の元に、恩人である阪崎から頼まれて、景という19歳の少年がやってくる。
事情を知らされないまま、引き取ることになったその少年は、とっても美人だった。
美人だったけど、なんでそこで阪崎の愛人だと勘違いするのか、その思考回路が理解できない…。でもそこがBLらしい。

一方の景は時々毒のあるセリフを吐くけれど、家族の問題に頭を悩ませているなかなかかわいい奴。
実は景と皓介はずっと前に出会っていて、景は皓介に憧れのような気持ちを持っていたとか、お約束な展開。
皓介も勘違いと早く追い出したいための嫌がらせで景を無理矢理抱いたりするけれど、いつの間にか好きになっていたというのもお約束な展開。
景の家族の問題も、予測どおりか…。弟くんの性格にはうんざりだ。

救いは阪崎がとってもいい人なのと、皓介の友人・真彦。
真彦はお気に入りの脇役で、景にべた甘な皓介をからかったりするのが好き。
もっと言ってくれ~って思ったんだけれど、出番が少なくて残念。

なんだかんだ言いつつ、結構好きな年上×年下のラブラブな話だった。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。