Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好きと言えない」/椎崎夕

椎崎夕「好きと言えない」 ill.あさとえいり SHYノベルス

好きと言えない (SHYノベルス)好きと言えない (SHYノベルス)
あさと えいり

大洋図書 2005-02-28
売り上げランキング : 131818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


私は大人と子どもという構図がかなり好きなのだなぁと実感。
ちょっとこういうのを探してみようかな。…積読が減ったら。

とても好みの話で大変よかった。
大人と子ども…というと、あさとえいりさんのイラストはめちゃくちゃ合うよなぁ。
処分しちゃったけど、「とまどいの行方」のイラストがとてもファンシーな感じでよかったっけ。(もったいなかったかな?)


3篇収録されていて、晴(はる)が15歳の「兄弟未満」、19歳の「恋人未満」、20歳の誕生日「好きと言えない」。


「兄弟未満」では、父親の死によって離婚した母親に引き取られた晴が、新しい家を受け入れるまでの話。
おかしいと思いつつも父と叔父の言いなりで、金蔓にされていた晴。それしかすがるものがなかった過去が悲しい。
子どもって本当に浅はかで残酷だけれど、だからこそ大人が守らなくちゃいけない。
晴に真実を教えてくれたアパートの隣人に言いたい。
そこまで知っていて行動を起こさなかったあなたは何をしていたの?って。
晴の恋のお相手は、母親の再婚相手の息子、つまり義兄である慶司だ。
気持ち悪いだろ、普通じゃないからという晴に対して、4年後晴が20歳になった時の約束をする。
独自の理念を持って行動する慶司が好きだ。
4年後の約束だなんて、なんて素敵なんでしょ。

「恋人未満」は2年遅れで高校に入学し、大学受験を控えた19歳の晴。
約束の日まであとちょっと、でも4年間変わらない態度の慶司に不安を抱えているのに、さらに不安の種は増える。
そろそろ結婚してもいい歳だろう、いいお嬢さんがいるのよ、慶司の結婚の話を聞けない晴がせつない。
謎の存在だったのが、慶司の叔母である。慶司の父に恋をし、再婚を散々邪魔したせいで遠ざけられていたらしい彼女が、晴に対しても困った癖を発揮する。
慶司によると晴に吹き込んだ話は本気ではなかったらしいが、不安でいっぱい、もうダメなのだと考えている晴には大打撃だった。
でも、この人は必要なかった気がする。晴に吹き込む内容にしても、そんなに影響があったとは思えないし、ないほうがよかったような。
一方的に別れを告げた晴に対する慶司の行動が最高によかった。
そうか、20歳まで待つのにそんなに努力してたのね…! 慶司がさらに好きなったよ。

「好きと言えない」は晴の20歳の誕生日の話。
やきもきする晴と、ここでも策略をめぐらす慶司がやっぱり好きだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。