Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜々の甘い陶酔」/桂生青依

桂生青依「夜々の甘い陶酔」 ill.藤井咲耶 二見シャレード文庫

夜々の甘い陶酔 (二見書房 シャレード文庫) (二見シャレード文庫)夜々の甘い陶酔 (二見書房 シャレード文庫) (二見シャレード文庫)
藤井 咲耶

二見書房 2010-02-23
売り上げランキング : 30956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


【あらすじ】
奥城和帆は仕事帰りに偶然立ち寄ったバーで、十年前に姿を消した年下の幼馴染み・杉坂樹と再会する。バーテンダーとして働く樹は、当時の面影はそのままにいっそう男の色気を増していた。懐かしさに胸を詰まらせる和帆。聞きたいことは山ほどある。だが、ようやく会えた樹は素っ気ない態度で、まともに口もきいてもらえない。冷たい仕打ちに傷つきながらも、このまま繋がりを絶ちたくない和帆は、彼と積極的に関わろうとするが…。弟のように思っていた樹の熱を湛えた視線に胸が疼くのはなぜ……?



あんまり書くことないからあらすじ書いた。
頑張ってる受けの姿が可愛く思える作品がいくつかあるので、時々買う作家さん。
今回は失敗かなー。
読んでいて、それはどういう状況なんだ!?と思ったら、どうやら人物名を間違えているようだった。脱字もあった気がする。
そちらに気が向いてしまうとストーリーを楽しむ余裕が減ってしまうので出版社含めてきちんとして欲しい。

ストーリーはまずまず。
和帆はだいぶ言動のピントがずれまくっているのだけれど、とりあえず頑張ってることだけは伝わってくる。
シェーカーの使い方を教えてもらったり、オリジナルのカクテルを作って貰ったり、他人が作ったカクテルを飲んでいる樹に嫉妬するのは可愛い行動だと思う。
和帆が私の好みに合わなかっただけで。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。