Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好きで好きで好きで」(新装版)

高遠琉加「好きで好きで好きで」 ill.六芦かえで 角川ルビー文庫

好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)
六芦 かえで

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-01
売り上げランキング : 842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


やっぱり高遠さん大好きだ!!
今月は一の本も出るので楽しみ♪


ビブロス版も読んでいるので、本作を読むのは2度目。
私はこっちの方が好きだ。

加筆修正されていて、明らかに変わっているところと、微妙に変わっているところがある。
とりわけ最後が場所が変更されていてよかった。
病院はやめようよ、病院は……とせっかく苦しいせつなさでいっぱいだった気持ちがしらけたから。


三浦は一途に高校の同級生・堂島に恋をしている。
一度振られて五年経っても三浦は堂島が好きなのだ。
堂島を好きでも報われない苦しさ、堂島が恋人と仲睦まじい姿を見る苦しさ。
三浦の恋は一途できれいだけれど、一方で苦しさのために汚い。
でも恋って…人の気持ちは綺麗なばかりじゃないけれど、それでも三浦は堂島を好きなのだ。
表題作「好きで好きで好きで」は三浦視点で語られ、胸が苦しくなった。

堂島は育った環境故か、本当の恋を知らない。
世間になぜラブソングばかり溢れているのか理解できない。
でも、ただ知らないだけではない。
知ろうと思えば知ることはできたはずで、考えるチャンスだって何度もあったはずなのに彼は知ることから逃げていたように思える。それが卑怯に思えた。
それは三浦に対してだけでなく、三浦の勤め先である花屋の娘・由布子にもいえる。
由布子にとって、堂島は強く優しいヒーローでしかなかった。
恋はそうではないだろう、弱さも狡さも醜いところもあるはずなのだ。
だから結局由布子にとって堂島は避難場所で、元カレのところへ帰っていった。
やっと自分の気持ちに向き合った時、手遅れにならなくて本当によかった。

書き下ろしの「君がしあわせになる前に」は由布子が結婚する話。
およそ一年後になるが、三浦と堂島が幸せそうでよかった。
三浦にとって花屋が天職のようなので、由布子の家のバイト募集を見つけ、よろけて花屋の自動ドアが開いてしまったのは運命だったんだな。
堂島と結ばれ、天職も見つけて。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。