Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青空の卵」

坂木司「青空の卵」 創元推理文庫

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)

東京創元社 2006-02-23
売り上げランキング : 58127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


ひきこもりのコンピュータープログラマーである鳥井が所謂日常の謎を解いていくミステリー。
連作短編で、読みやすい。
地の文が鳥井の親友・坂木司の一人称で、若干これが読み進めていくうちにうざったく感じた。
「~だろう?」って読者に語りかけるところが合わないのかも。

ミステリーとしても面白く読めるけれど、一番は人間関係について考えさせられる本だと思う。
一話目「夏の終わりの三重奏」では男性嫌いの女性の話で、坂木はこの事件で人に対する思いやりの行動について考えを改めている。
二話目「秋の足音」は友情に隠れた恋情の話。
三話目「冬の贈り物」は夫婦、四話目「春の子供」は親子と家族の話。

とりわけ主人公二人の関係は特殊で、かなり変だ。
鳥井はかなり精神的に不安定な人物で、けれど独特の価値観と会話のテンポ、賢く、食にこだわりがあって、とても面白い。
その鳥井はこの世で唯一坂木だけを信頼している。
坂木は鳥井のために職を選んだり一緒に買い物に行ったり……
親友という言葉では絶対的に足らない関係である。

ぶっきらぼうのふりしてなかなか人情に厚い(というか坂木のために頑張っちゃってるだけなんだけど)鳥井のお蔭か、登場人物たちがのちのち幸せになっているのであたたかな本である。


Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。