Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄金を抱いて翔べ」

高村薫「黄金を抱いて翔べ」 新潮文庫

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)

新潮社 1994-01
売り上げランキング : 101146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


男たちが銀行の地下から金塊を盗もうというクライム小説。
なるべくすらすらと読みやすい本を普段は選んでしまう(ラノベとかBLとか)私にとって、初めて読んだ高村作品は正直読みにくかった。
慣れれば読めてくるのだが、時間はかなりかかる。他の作家の2倍くらい…。
けれど挫折しようと思うことなく、楽しく読んだ。


実際に銀行強盗をやるのはラスト50ページ。
それまでのおよそ300ページは、計画と準備に費やされる。

ところどころクスッと笑ってしまうようなユーモアある日常に加え、殺人、北の工作員、公安の追跡などなど単に銀行強盗で一攫千金を狙うという話には暗く重い要素が含まれている。
それがメインではないけれど、幸田たちがひとつひとつの障害をクリアしていくのはどきどきした。

主人公だけでなく魅力ある脇役たちにもきちんと人生が書かれていると感じられる作品に、最近とても惹かれる。
主人公・幸田は、モモと呼んでいる男が笑うと嬉しいらしい。
まさかなーと思ったらそのまさかだったのが、モモは実に波乱万丈な人生を歩んでいた。
まさかな関係を抜きにしても、お互いに惹かれあう幸田とモモの会話やふたりでいるときの雰囲気がなんとなく好きだ。

幸田とモモ以外にも、計画の首謀者である北川、若さゆえか無茶なことをしたり社会に反抗的な春樹、臆病な野田など、読み終わる頃にはどの人物たちにも愛着が湧いてきたから不思議。


しばらく高村作品を読んでいようと思う。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『黄金を抱いて翔べ』

高村薫 『黄金を抱いて翔べ』(新潮文庫)、読了。 『オーシャンズ11』のような金庫破りのお話かと思い、 軽い気持ちで読み始めたら、ガ...

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。