Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成澤准教授の最後の恋」

高遠琉加「成澤准教授の最後の恋」 ill.高永ひなこ 角川ルビー文庫

成澤准教授の最後の恋 (角川ルビー文庫)成澤准教授の最後の恋 (角川ルビー文庫)
高永 ひなこ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-01
売り上げランキング : 652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


新年最初に読もうと決めていた、楽しみな一冊だった。
成澤の勤め先が何気に「王子様には秘密がある」で出てきた大学で、ちょっと嬉しい。

愛と混乱のレストランほどきゅんきゅんこなかったけれど、せつなさいっぱいでよかった。
いいぐあいにルビー文庫と高遠先生がマッチしていたんじゃないかと思う。


眉目秀麗なフランス文学者の成澤が主人公。
自分が容姿端麗であることを理解し、上手いこと使って名を売っている人。
でもちゃんと学者としても優秀である。

お相手は、成澤の仕事相手のひとつである出版社の新米編集者・蒼井。
非常階段の踊り場で雨に濡れる彼を、自殺志願者と思って助けようとして成澤は小指を骨折してしまう。
地味な見た目の蒼井がなぜか気になる成澤は、蒼井を担当に指名、小指が治るまで雑用係として使う。

成澤は始終温度が低い。
感情の起伏が平坦で、無感動だ。
けれど、彼自身把握しきれない内側は決してそうではない。

蒼井は成澤を子どもっぽいと言う。
不服に思う成澤だが、蒼井は成澤にとって最初の恋だったのだから、恋愛がからむ事柄においては本当にこどもなのだろう。

成澤は家庭環境が影響してか、独自の恋愛観を持っていた。
蒼井は純粋だと言っていて、私も成澤は純粋で、そしてそんなふうに考える彼が可哀相に思えた。
そして、自分の気持ちがわからないときから、蒼井に自分を見ろと考える成澤が可愛くて、ちょっと微笑ましい。

蒼井は失った恋を引きずっているために、なかなか成澤を見ない。
成澤に抱かれたのも好きだった人に似ていたからという。
結局蒼井は過去から脱却して成澤と恋人同士になるが、年下の蒼井のほうがしっかりしていていいカップルだと思う。

わがまま言って、嫉妬と執着心いっぱいの成澤を甘えさせてあげる蒼井。
成澤はこれからも蒼井に振り回されるんじゃないかと思う。
スマートでカッコいい成澤だけれど、恋に一途で純粋で、ちょっとカッコ悪く失敗したり嫉妬したり。
そんな成澤が好きである。

でも、最初の恋がこんなじゃ最後にしたいと思うのは確かかもしれない。


Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。