Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「執務室の秘密」

うえだ真由「執務室の秘密」 ill.高宮東 SHYノベルス

執務室の秘密 (SHYノベルズ)執務室の秘密 (SHYノベルズ)
高宮 東

大洋図書 2009-10-29
売り上げランキング : 90674

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


検事×検事。

歩巳(あゆみ)には毅(たける)という恋人がいるが、きちんとしたお付き合いは検事を辞めてからと言われている。
それでも高いレストランで一緒に食事をしたりして、歩巳は現状のまま待ち続けている。

っていうか、いつあんたは検事を辞めて弁護士に転身するの?
毅に訊きたくなった。
そもそも毅が同性の恋愛に対して、体裁が悪いとか人の目を気にしているのは仕方がないのかもしれない。
そういう気持ちは誰しも持つだろうと思うのだけれど、毅のいけないところは極めて偽善的なところにある。

歩巳は検事としての人生を左右するある事件の担当になる。
被疑者は現職大臣の隠し子で、周囲は誰もが大問題になるから起訴しないようと言ってくる。
歩巳は被疑者の態度から再犯率が極めて高いと判断し、また被害者の心情を汲み取った上で起訴状を書く。
毅は歩巳に当初、起訴するべきだと憤慨して見せたのに、被疑者の事情を知るとすぐさま意見を翻したのだ。
毅は見栄っ張りで、その言動が周囲の評価や自分の立場を天秤にかける流動的である(鳩山総理みたい…)。

歩巳が毅を好きで、けれども現状に不満があった。
歩巳は先輩である御森にその隙をつかれて、酒に酔わされ、彼においしくいただかれてしまう。
写真を撮られ、脅されて毅に隠れて関係を続けていく。
その御森は非常に正直な性格で、とてもさっぱりしている。
御森は歩巳に二人っきりの時間、恋人としての時間を与えてくれたのである。
御森がしたことは感心しないけれど、歩巳が御森を選んだのは当然だろうと思った。

御森は数年で移動になると思うのだが、そしたら遠距離恋愛になるのか?
歩巳はついていくのか?


Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。