Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「卒業 雪月花殺人ゲーム」

東野圭吾「卒業 雪月花殺人ゲーム」 講談社文庫

卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)

講談社 1989-05-08
売り上げランキング : 575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく

                                               
「果たして俺たちは、
他の者のことをどれだけ知っているんだろう?」



加賀恭一郎シリーズ、その一。


東野圭吾さんの数少ないシリーズもの、加賀恭一郎シリーズその1。
この本の加賀は卒業を控えた大学4年生だけれど、これ以降は刑事として活躍するらしい。
父が警察官で、そのせいで母が出て行ったと思っている加賀は教師の道を選んだはずなのだけれど、一体このあと何があったんだろう。
このあとを読むのが楽しみだ。

推理小説は推理しないでそのまま読んでしまうので、これもそのまま読んだ。
茶道で、雪月花之式とかいうゲームみたいなお茶会の方法が出てきて、その中で殺人が起こるのだが、ややこしくて読み流してしまった。
けれど、せっかく図も載せてあったのだからしっかり読めばもっと楽しめたのかもしれない。
加賀によって明かされていくトリックはとても面白かった。
刑事の加賀の推理力がいかほどのものかまだ知らないけれど、この時点でも相当だと思う。
若干、推理できなかった事実もあってそれは惜しかったけど。

推理もトリックもよかったけれど、この小説は人間模様のほうが興味深かった。
加賀にはよくつるんでいる友人たちがいる。
その中で殺人は起こるわけで、犯人はいて欲しくないと思いつつも疑わざるをえない状況に加賀は苦しんだだろう。
そして、ひとり信頼し、プロポーズまでした沙都子に事件に対する考えを打ち明け、言うのだ。
「果たして俺たちは、他の者のことをどれだけ知っているんだろう?」

仲のいい友達、相手をどれだけ知っているのだろうか。
私も考えたことがあるのだけれど、友達のことをほとんど知らないだろうと思う。
逆に、自分は友達にどれだけ明かしているかといえば、これもほとんど相手は私を知らないだろうと思う。
加賀の友人たちは就職の為に八百長の手助けをしたりなんだかんだと感心しないやつらが多いようだ。
友達を見る目がなかったのかな?
冒頭の沙都子へのプロポーズや考え方がとても魅力的に感じられたので、刑事になった加賀がどんな人間になっているのか楽しみだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東野圭吾『卒業』

卒業 (講談社文庫)東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『卒業』を紹介します。祥子が殺された第一の殺人は密室のトリックで、それは、自殺か他殺か?茶道の雪月花之式実施時に波香が殺された第二の殺人は茶道の雪月花之式のトリックである。この二...

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。