Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「隣人に恋の降る」

火崎勇「隣人に恋の降る」 ill.北上れん アズノベルズ

隣人に恋の降る (アズ・ノベルズ)隣人に恋の降る (アズ・ノベルズ)

イーストプレス 2007-01
売り上げランキング : 395742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


主人公、羽曳野は田舎で土いじりをしている青年。
隣人で、仲良しのおじいちゃんに頼まれたので、東京のある会社で働くことに。
住居も面倒を見てくれ、さらに勤め先は一流商社。
何者だ、このおじいちゃん…となんとなくおじいちゃんの正体に気付きながらも読みすすめた。

会社の同僚で、羽曳野の面倒を見てくれるのはふたり。
マンションの隣人、渋谷と親が会社のお偉いさんな宮川。
一番仕事ができない羽曳野が、一番大人なのが面白い。
仕事ができないといっても、商社の仕事がきないってだけで、本業はそれなりにやっているようだし、とてもしっかり者なのだということがわかる。
いくら仲良しのおじいちゃんの頼みとはいえ、だいぶ無茶なお願いを聞いたもんだと、少し優しすぎるきらいはあるのかもしれないけど。

いっぽう、ひとりで羽曳野を疑ったり惹かれたり怒ったりと忙しかった渋谷。
こいつもなんとなく読めてはいたけど、そこはスルー。
できる商社マンだけど、にんじん嫌いだったり、意外と感情の起伏が激しいようで可愛げのある男だ。
一見すると渋谷のほうが羽曳野より強そうだけど、やんわり尻にひかれそうだ。

宮川は、嫌なタイプ…かと思いきや、そうでもないのか。
悪役になりきれてないので、中途半端にぶらさがってるのが気になる。

おじいちゃんのたくらみはおもったよりでかかった。
羽曳野はよく引き受けたなぁ。かなりの重荷だと思うんだけれど。

すいすい読めて、それなりに楽しめたけど、もっと羽曳野は渋谷のことで悩んでもいいのではいいだろうか。
なんかあっさりしていてちょっと不満。


それにしても、おじいちゃんもまさか羽曳野と渋谷がこんな関係になるとは思っていなかっただろうな…

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR