Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤の神紋」

桑原水菜「赤の神紋」 ill.藤井咲耶 コバルト文庫

赤の神紋 (コバルト文庫)赤の神紋 (コバルト文庫)

集英社 1999-07
売り上げランキング : 351434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


ミラージュを読んでいる今、古本屋で見かけてきになっていた桑原さんの別シリーズを読んでみた。

現代、演劇の話である。
激烈な個性を持つ劇作家・榛原憂月に囚われ苦悩する小説家、連城響生。
響生に奈良の街角で榛原の台本を読まされたことがきっかけで演劇の世界に足を踏み入れた、葛川蛍(ケイ)。

どうしてもミラージュと比べてしまう。響生と直江を比べてしまう…。
響生はケイに薬を盛って、監禁し、首を絞めて殺人未遂、強姦未遂をまだ一巻だというのにやってくれた(犯罪てんこ盛り)。
まだ現代が舞台で、怨霊云々サイキックな面が無い分、響生の方が生々しい気がした。
ケイは表情豊かでちょっと直情径行な部分があるのか、可愛い気がした。

イラストが本文中の挿絵ではなく、章ごとの表紙になっているはちょっと残念な気がするけど、むしろ一つの話の中に色々な物語が詰まっている分、想像逞しく読ませてくれるのでよかったのかもしれない。

これから榛原本人も出てくるので、ミラージュとともに大変楽しみである。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。