Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜夜の月」

水原とほる「夜夜の月」 ill.町田九里 ラヴァーズ文庫

夜夜(やや)の月 (ラヴァーズ文庫)夜夜(やや)の月 (ラヴァーズ文庫)
町田 九里

竹書房 2006-01-25
売り上げランキング : 14414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく
                                    
           
絵を愛せない画商と、絵しか愛せない画家…。

父親は絵画に魅せられ破滅し、妻でしかなかった母の自殺によって絵を憎むようになった画商・澤。
両親を幼い頃に亡くし、稼ぎ手であった売れない日本画家の祖父の死によって美大を中退せざるを得ず、祖母と二人暮らしの画家・亮。
澤は亮に描きたいものをいくらでも描けるよう援助する代わりに愛人になるよう要求する。
亮は画家になる夢も、祖母も家も捨てることができず、澤と契約を交わす。

亮がだんだん澤に惹かれ、好きになっていく気持ちの変化と、何をどんな風に描きたいのか、自分の絵を探し出していく過程がうまくシンクロしている。
澤のアドバイスや澤の画廊で働く江島との会話を通して、自分の絵を探求していく。
同時に、澤への想いが募っていく。

一方、澤は最初に出会った亮の絵に、亮の才能を見出していたらしい。
絵を憎んではいるけれど、絵を見る目は父親が買い漁った本物のよい絵に囲まれて育ったからで、本人は皮肉に言っているけれど、憎みきれてはいないらしい。
最初は亮に対して酷い態度をとっていたのに、だんだんやわらかく甘くなっていくのが、彼の絵を憎む心が解けていくようだった。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。