Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「硝子の子守歌」「琥珀の流星群」

桑原水菜「硝子の子守歌」「琥珀の流星群」 ill.東城和実 コバルト文庫

  

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく

                  
だんだん、雲行きが怪しくなってきた…。……直江が。
    
仙台編、伊達政宗が登場。あとは知らない人たちばかり。
やはり日本史をおさらいしてからでないと読みにくいか?

高耶が力を引き出すために、お寺で修行。
けれども、それは景虎の記憶を取り戻すことと同義なので、直江は瞑想している高耶に激しく動揺。
「硝子~」でちょこっと出てきた過去に直江がやったことを考えると、そりゃそうか、と思うけれど、それで高耶に軽蔑されても自業自得だから同情する気にはなれない。
むしろかわいそうなのは、景虎の強固な自己暗示のせいで、力を使えず自分が『高耶』であることを捨てなければならないと思いつめてしまう高耶である。
直江が景虎を想う気持ちはわからないでもないけれど、罪深いな。

高耶にはもうひとつ、母親という試練があった。
酒乱の父親の暴力にさらされる家族の中から、高耶と妹を残してひとり逃げたことを恨む気持ちと母を思いやる気持ちが葛藤し、結局第二次反抗期だからか、素直になれなかった。
いつか仲直りできるといいね、と思いつつ読了。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。