Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天涯の佳人」

夜光花「天涯の佳人」 ill.DUO BRAND. キャラ文庫

天涯の佳人 (キャラ文庫)天涯の佳人 (キャラ文庫)
DUO BRAND.

徳間書店 2008-04-24
売り上げランキング : 45386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート えんじ


今まで読んだ夜光さんの本で一番好きかもしれない。
とても面白かった。

達央は津軽三味線の奏者だが、欲がないためまったくの無名。
一瞬で達央の三味線の虜になったIT関連企業(だったような)の社長、浅井は達央のスポンサーを買って出る。
けれども達央は自己顕示欲皆無で、プロになることにこだわらない。
浅井は達央の三味線を全国的に有名にしたいのに、本人にその気がない。

しかも、達央は超がつく純真無垢な人。
天真爛漫というほど笑っている子ではないが、純粋培養されたのごとく天然。
さりげなく浅井はアプローチをかけるが、まったく気付いてもらえない。
そのたびにがっかりする浅井が可笑しくて可愛かった。
この本の読みどころは達央の成長よりも、三味線の面でも恋愛面でもじれじれしている浅井だと思う。

達央の才能に嫉妬して色々やらかすライバルも出てくるが、奴のやり口は汚すぎて同情する気にもなれなかった。
芸術の世界は努力で磨くだけではどうにもできないものがあるから、もって生まれた才能がものをいうので、残酷だと思う。

やっと結ばれた浅井と達央のラブラブっぷりをもっと読みたかった。
どうせならバースデーフェアの小冊子の内容はこっちがよかったかな。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。