Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くるおしく、君を想う」

沙野風結子「くるおしく、君を想う」 ill.朝南かつみ アイノベルズ

くるおしく、きみを想う (アイノベルズ)くるおしく、きみを想う (アイノベルズ)

雄飛 2007-03
売り上げランキング : 299125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


初めて読む作家さん。

肝心のお話は、思ったことを言えない子のそばに小賢しい世渡り上手がいると大変な目に遭うというもの。そして、子どもは残酷ね~ってそんなん。
帯のコピーは「殺したいほどの想いを――君に教えてあげよう」。
殺したいほどの想い……それは恋ではない。
真面目に本当に攻めの受けへの怨恨である。

心臓外科医・莉一×弁護士・航希。二人は昔お隣さん同士。
航希は男に恋してるって点を除いてとっても普通の人。感覚が普通というべきか、精神が健全とでもいおうか。とっても真面目な弁護士だけれど、彼も人間。失敗や人を傷つけてしまうこともある。
一方の心外の医者たる莉一は腕は一流だけれど人格に問題あり。育った家庭環境からくるものかもしれないが、それにしたって一途だったり鬼畜だったりと、好きな人間と嫌いな人間への態度の差が激しい。

忘れちゃいけないのが、おそらく一番罪深いことしたなぁと思う航希の兄。
好きな人に対して恥ずかしくて言いたいことが言えないような弟に対して彼は処世術に長けた人間。
その人にどんな風に働きかければ自分がいい思いをできるのかわかる。けれども、子どものころの彼のそんな利己的な行動が航希を17年も苦しめることになるのだから、本当になんてことをしたんだ、と責めたい。

航希は子どもの頃に莉一に対して嘘をついたり、彼の秘密を握ったりと、無邪気に残酷なことをしている。それは兄と違って純粋な莉一への好きという気持ちからきているとはいえ、莉一に殺意を抱かせたのだから、彼も墓穴掘ったといえばそうなのかも。

航希は莉一が好き。莉一は航希の兄が大好きで一番大切。莉一は航希を殺したいほど憎んでいる。
物語は航希の兄が借金を残して行方不明となり、航希は彼が帰ってくるまで寝室でのみ彼の身代わりとなる約束をし、莉一と暮らすことで始まる。
莉一は寝室以外で航希にそりゃ酷いことばかりするのだが、最後の方になって自分がやっと酷いことばかりしていたことに気付いて反省するのだが、遅いよ! と思わずツッコミを入れてしまった。
っていうか、医者ならカウンセリングとか精神医学とか勉強してるでしょう!!

一番最後のオチは間抜けだなぁと最初は思ったのだけれど、自分の口から伝えることができていればこんな意地悪されることなかっただろうに、と航希が気の毒になった。
なんだかんだいって航希は莉一をすべて許して甘やかしてるが、今までされたことをネタにとことん尻に敷いてやるべきだと思う。




……なんか妙にたくさん書いたな。たった一回しか読んでないのに。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。