Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕僕先生」

仁木英之「僕僕先生」 新潮文庫

僕僕先生 (新潮文庫)僕僕先生 (新潮文庫)

新潮社 2009-03-28
売り上げランキング : 67936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作だそうな。
去年から、文庫落ちするのを待っていて、楽しみにしていた一冊。
続編も出ているので、それも文庫になるまで待とう。少なくとも、文庫なんて待ちきれない・高くてもいいから単行本で買って読むって思えるほどには面白いと思えなかった。
標準以上に楽しめたのは確かだけれど、しゃばけシリーズや陰陽師ほどはまれなかったのも確か。

現代でいうところのニートの青年が美少女仙人に弟子入りして旅をしたり人助けをしたりするお話。
舞台は玄宗皇帝の治める唐の国。難しい言葉も出てくるけれど、文章はとても理解しやすい。
文学というよりはライトノベルに近いかもしれない。よっぽど十二国記のほうが難しいよ…

仙人といえば髭生やしたお爺さん、というイメージを壊す酒豪の美少女・僕僕。
「僕僕」というのが名前。主人公からすると彼女は師なので、先生。故に「僕僕先生」。このタイトルなんなんだろうとずっと思っていたのだが、読み始めて直ぐに解決してよかった。

旅の間は僕僕以外の仙人などとであったり、危険な目にあったりと大忙し。
ニートだったせいか、主人公はとっても素直で物事にあまり動じない性格。
主人公は初めて恋をするが、長い時を生きる僕僕はからかったりしてつかみどころがない。
なんとなく彼の初恋は胸がきゅんきゅんして可愛いのだが、だんだん主人公を信頼しきる僕僕もとっても可愛い。彼女の方は初めてでなくとも恋なんて久しぶりなんだろうな。

まあ、こうしていろいろあるのだが、いまいち盛り上がりに欠ける気がする。
どこが山場かと聞かれてもどこも微妙な気がする。一番危機に瀕していたところが山場なのかもしれないが。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。