Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東亰異聞」

小野不由美「東亰異聞」 新潮文庫

東亰異聞 (新潮文庫)東亰異聞 (新潮文庫)

新潮社 1999-04
売り上げランキング : 38256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート えんじハート 赤


読む気はあったはずなのに、どうしてか途中で止まっていた本。
三分の一は読んでいたが、改めて最初から読んだ。

首都・東亰。東京ではない。明治時代で、文明開化も進んだころ。
けれど、東京ではなく東亰。この小さな違いが大きな違い。ファンタジーなのだ。

その東亰のあちらこちらで小さな事件(と言っても人命が失われているのだが)が起きる。
犯人は同じだったり、違っていたり。共通するのは、普通の人間ではないらしいこと。
火炎魔人、闇御前、人魂売り、読売り、蕎麦屋などなど…

それらの事件に興味を持ち、調べ始る記者とそれを手伝う香具師を管理する男。
二人は事件で助かったという青年を訪ねるが、その青年は華族の跡継ぎと目される人であった。
鷹司家の次男であり華族に相応しい気質の常、長男ではあるが性格的に華族には合わない直。
鷹司家のお家騒動が事件の根幹であることがわかるのだが、いやはや。

直と常はどちらも互いを思いあう優しい人たちなのだ。
どれだけ周りが二人のどちらが相続するかで諍いをおこそうと、二人は自分より相手を思いやる優しい人たちなのである。
けれど、行き過ぎた優しさは歪んでいて、鷹司家の相続にこだわりすぎて、無関係な人を巻き込み自分を犠牲にするという切ないけれどよくない方向の優しさだった。

しかし、これで終わらない。
鷹司家のお家騒動にまつわる事件を記者が相棒を連れて調べ推理するというミステリーの中には、論理に収まらない事件、つまり妖怪変化も本当に含まれていたのだ。

でも…と思う。妖怪変化らの導く結末よりも、ずっと怖いのはやはり人間の心なのだ。
鷹司家のお家騒動は亡くなった鷹司の正妻・初子(直と常は妾の子)の計画的な恨みによるものだったのだ。

直と常は完全に初子の掌の上で踊らされていた。
あぁ、女は強い。そして、怖い。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。