Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「踊るパーティーと貴公子」「黒の秘密」

遠野春日 ill.高橋悠 講談社X文庫ホワイトハート
「踊るパーティーと貴公子 金曜紳士倶楽部3」「黒の秘密 金曜紳士倶楽部4」


  

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


シリーズ3、4巻。
事件を深く掘り下げていないこと、結末が曖昧なのが不満だが、登場人物の恋愛が中心なんだろう。やっぱり。

3巻は茅島氏がゲスト出演していて嬉しい。というか、完全にあの特異・奇抜・凡人には理解不能な性格に主役たちが喰われていた…。
私は「茅島氏の優雅な生活」を読んだから茅島氏の人となりをある程度知った状態で読んだから、金曜紳士倶楽部のメンバーを通して読む茅島氏を面白く感じたのだが、全く茅島氏を知らない状態で読んだ人にはどう感じられるのだろうかと気になった。なんだか惜しい気分だが、二度同じ経験ができないのは仕方ない。悔しいけれど。

この2冊で鷹也と千歳にとって大きな変化を迎えた。3巻にはほとんど二人は登場せず、喧嘩をしたのか気まずい雰囲気。
4巻で何があったのか明かされ、とうとう虚勢を張っていた鷹也が折れてやっと告白して相思相愛を確かめることができた。
遅すぎだ、お前ら! と何度思ったことか。
長い時間を要して気持ちを確かめ合ってやっとキスまでたどり着いた凛と稀一の方がずっと大人じゃないか。
鷹也は一度見合いがダメになったからと言って、これからもまた話は舞い込むはずだから、まだまだ大変だろうけど。

気になってしょうがないのは京介。
1巻で千歳にちょっかいかけていたから攻めだとばかり思っていたのに…。
人をからかったりするので嫌な奴だと印象付けられていたが、これはこれで可愛い側面もあるようだ。
5巻は京介メインっぽいから楽しみ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。