Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緋色の花嫁」/毛利志生子

毛利志生子「緋色の花嫁」 ill.増田メグミ 集英社コバルト文庫

緋色の花嫁 (コバルト文庫)緋色の花嫁 (コバルト文庫)
毛利 志生子 増田 メグミ

集英社 2009-09-01
売り上げランキング : 619402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


女子高生の諒(あきら)が、恐ろしい神への生け贄にされそうになっている無二の親友・小枝を助けようと奮闘するお話。

諒はただの女子高生なので、山の中の小さな村を襲う怪異をひとりでどうにかできるわけがない。
相棒が出てくるのだが、それは誕生日に考古学者の母親から贈られた璧玉(ドーナツ型の翡翠みたいな石)から出てきた張果老という仙人(日本の七福神みたいなものだそうだ)。
魂だけの張果老との取引で、小枝を助けるための知恵を借りるのだが。
面白いのは張果老と諒の会話。
とんでもないジェネレーションギャップがあるのだが、なんだかんだで賑やかで楽しい。

残念ポイントは、ヒーロー役であろう骨董屋の司馬か。
諒に璧玉を届けに来て、小枝の兄の友人でもある。
一緒に小枝を助けようとしてくれるし、がんばってくれるのだが、張果老の存在がインパクトありすぎて影が薄くなってる…。

物語の方は、最後ちょっとかわいそうな。
何も悪いことをしていないのに、命を絶たれてしまう。
人間って本当に残酷な生き物なのだ。
(そして、実はこの本で一番強いのは小枝なのだと判明。
本当に物怖じせずに全てを受け入れる度量の深さはすごい)

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。