Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散る散る、満ちる」/凪良ゆう

凪良ゆう「散る散る、満ちる」 ill.海老原由里 ショコラ文庫

散る散る、満ちる (ショコラ文庫)散る散る、満ちる (ショコラ文庫)
凪良 ゆう 海老原 由里

心交社 2012-02-10
売り上げランキング : 90100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


部下×上司のお話。
最近BLから遠ざかりつつあった私にBLのよさを思い出させてくれた一冊である。
ちょっとばかり感情移入しすぎて感想書きづらい…。

主人公・如月はとても寂しい人間である。
隣りの家に住んでいる兄弟のように育ってきた幼馴染・榎本もいるし、仕事も順調だけれど、両親を亡くした喪失感からいつまでも逃れられないでいるのだ。
大事なものが失われた時の悲しみを知る如月にとって、恋愛は臆病にならざるを得ないもの。
なぜなら愛する人との別れへの恐れが常にあるからだ。

そうはいっても、まだ二十代の若者だから、幸福な恋愛への憧れはあるし、時に見栄を張ることもあれば、つい嘘を吐いてしまうこともある。
片思いしていた部下・里見がゲイで片思いの相手がいると知りながらも、誘われるまま寝てしまった時も、酔って記憶を無くした里見に自分から誘ったとつい嘘をついてしまうし、慣れていないのに年上らしく振る舞おうとする。

如月の寂しさの象徴として出てくる犬のロボットがいい味を出していて、重要なアイテムになっている。
里見はよく気のつくほうであるらしく、如月の家に動くおもちゃがたくさんあるのを見て、如月の抱える寂しさに気付いていた。
けれども彼だってそんなにできた人間であるわけがないから、如月とセフレ状態がけっこう続いていたあたりは読んでいてやきもきした。

最後は里見の転勤などもあって最終的に数ヵ月後には如月邸で二人暮らしをすることになる。
気になるのは遠距離恋愛中にたくさん喧嘩したというところ。
数行で片付けられているわけだが、このふたりはそこからが恋愛の本番だと思うのだ。
とりわけ如月は本心をあまり語っていないし。
どんな喧嘩をして、すれ違いがあって、それをどうより強いきずなへとしていったのか大変気になる。
そのあたり、続編が出ないかなぁって思うのだが…。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。