Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛を乞う」/夜光花

夜光花「愛を乞う」 ill.榎本 キャラ文庫

愛を乞う (キャラ文庫)愛を乞う (キャラ文庫)
夜光 花 榎本

徳間書店 2009-11-27
売り上げランキング : 66858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


あとがき好きで先に読んでしまうのだけれど、裏表紙のあらすじと『純愛』という言葉が結びつかなくて読む前は???状態だった。
でも読んでみて、あれまぁ、確かに純愛だと思った。

確かに、始まりは富豪の息子と富豪に性奴隷として買われた不幸な少年という出会い。
きっちり攻めは父親にあてがわれた『便器』である受けを欲望の捌け口に使ってる。
なのに純愛。

攻め・一輝が父親のような人間にならずに済んだのは受け・春也との出会いがあったから。
フ○ラした後に吐いてることを知ると飴玉を口に放り込んだり、父親がえげつない行為に春也を使おうとしているのを阻止したり。
不器用だし、酷いところもあるのに、春也への愛情が伝わってくる。

そんな中学・高校時代を経た後のふたりの間に立ちはだかるのもやはり一輝の父親。
過去と自分への嫌悪も手伝って、幸せに辿り着くのにえらく時間がかかったけれど、読んでよかったなぁと思った。



そういえば春也の母親も嫌な人間だった。
一番いい人なのは一輝の家の執事・吉島さん。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。