Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽霊伯爵の花嫁-囚われの姫君と怨嗟の夜会-」/宮野美嘉

宮野美嘉「幽霊伯爵の花嫁-囚われの姫君と怨嗟の夜会-」 ill.増田メグミ 小学館ルルル文庫

幽霊伯爵の花嫁 囚われの姫君と怨嗟の夜会 (ルルル文庫)幽霊伯爵の花嫁 囚われの姫君と怨嗟の夜会 (ルルル文庫)
宮野 美嘉

小学館 2012-02-24
売り上げランキング : 1465

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


キラキラときめきと乙女の華やかさいっぱいの少女小説にあってそんなものから一番遠いところにいるサアラ。
元気でいい子なんてものでもなくて、自称「嘘吐きで性格の悪い美人」であるサアラ。
今回もぶっとんでて面白かった。
一体どこに本気で殺人を企て、止めて欲しいと夫に願い出るも理由は捕まったら夫と離れ離れになってしまうから、なんていうヒロインがいるだろう。
(相手の馬鹿っぷりには呆れるが、ここまで価値のない扱いをされるとさすがに可哀想に思えてくる…)

そしてそんな彼女の夫・ジェイクのずれっぷりも面白かった。
本当にジェイクがサアラの夫でよかったと心から思う。
本人たちも幸せだろうが、なにより周りの安全のためにも。

サアラが敵わないと思う友人・フィナが幽霊となって登場。
彼女はやはりサアラの友人になれるような人間。
でもサアラほど性格悪くない。
天性の人たらしらしいのだけれど(アシェリーゼを素でたらしこもうとしていたが)、もっとそれを感じさせるエピソードが欲しかったな。
コルドン家の墓地にきたということはこれからも登場するのかな。楽しみだ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。