Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢の宮~竜のみた夢~」/今野緒雪

今野緒雪「夢の宮~竜のみた夢~」 ill.久下じゅんこ 集英社コバルト文庫

夢の宮 〜竜のみた夢〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)夢の宮 〜竜のみた夢〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)
今野 緒雪 久下 じゅんこ

集英社 2011-12-27
売り上げランキング : 349667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


10年以上前の著者のデビュー作の出し直し。
中華風の国の王宮にある離れ・夢の宮を舞台にしたお話。
この本には「竜のみた夢」「眠りの王妃」の2篇が収録されていて、つながりはない。

「竜の~」は悲しいお話。
巫女のお告げにより仲良くきょうだいのように育ってきた二人の王子のどちらかを王に選ばねばならない世間知らずの主人公(宰相の妹で、正妃になるために育てられ夢の宮を与えられていた)。
彼女のどちらの王子も大切にしたいという気持ちとどっちつかずの態度、恋を知らなかった幼さが悲しくて切ない結末を招いてしまう。
でも彼女を責める気分にはなれない。急に大人になることを要求されて、考えて自分の気持ちに気付くのには時間があまりになさすぎただけだとも思うから。
胸がひきさかれるような気持ちになるお話だった。

「眠りの~」はせつなさもいっぱい、でも最後は幸せになるお話。
こちらも同じお告げがふたりの女性にあったことでたくさんの人が苦しんだ。
主人公である王子の芙蓉が妻にと望むのは夢でしか逢えない睡蓮。
彼等の出会いが用意されていたのなら、父王や側室、彼らに関わる人々の苦悩は無駄ではなかったのかな、とも思う。
それにしては長いこと苦しんでいたとは思うけれど…。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。