Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンプルライン」/杉原理生

杉原理生「シンプルライン」 ill.亀井高秀 幻冬舎ルチル文庫

シンプルライン (幻冬舎ルチル文庫)シンプルライン (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生 亀井 高秀

幻冬舎コミックス 2009-01-16
売り上げランキング : 39826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


ストーリーはいたってシンプル。
主人公・圭一は10年ぶりに再会した元義弟・孝之が好きだが、本当は血が繋がっているのではないかという疑念から孝之の気持ちを受け入れることができないというもの。
最初からふたりは両思いなのだが、圭一は孝之が好きで好きでたまらないので、孝之のことを思ってどうにか諦めさせようとする。
たった2歳しかふたりは違わないのだが、孝之がやたら幼く感じるのは義兄弟だったときの名残りかな。
圭一は大人で、孝之を好きな気持ちはほとんど隠して表向き冷静な対応をしているが、孝之はずっと圭一が好きだということしか言わない(計算だったらどうしよう)。
この孝之の圭一への気持ちは激しいもので、年下のすがる可愛さよりも恐怖を覚えたのは私だけだろうか…。
(最終的に襲ってはいるけどそれまではかなり紳士的なのに)

正直、ふたりが互いを意識し始めるのが思春期ということもあって、特に孝之なんかはそのころの刷り込みが強いように思える。
作中で本人達は否定していたと思うのだが、おかげで私には純粋に心で恋愛してますっていう感が感じられず残念。
けれど、圭一が孝之を家に上げないのに窓から帰る姿を名残惜しく見てしまったりするちょっとした行動が可愛くてよかった。描写が丁寧な作家さんなんだなぁ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。