Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散る散る、満ちる」/凪良ゆう

凪良ゆう「散る散る、満ちる」 ill.海老原由里 ショコラ文庫

散る散る、満ちる (ショコラ文庫)散る散る、満ちる (ショコラ文庫)
凪良 ゆう 海老原 由里

心交社 2012-02-10
売り上げランキング : 90100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


部下×上司のお話。
最近BLから遠ざかりつつあった私にBLのよさを思い出させてくれた一冊である。
ちょっとばかり感情移入しすぎて感想書きづらい…。

主人公・如月はとても寂しい人間である。
隣りの家に住んでいる兄弟のように育ってきた幼馴染・榎本もいるし、仕事も順調だけれど、両親を亡くした喪失感からいつまでも逃れられないでいるのだ。
大事なものが失われた時の悲しみを知る如月にとって、恋愛は臆病にならざるを得ないもの。
なぜなら愛する人との別れへの恐れが常にあるからだ。

そうはいっても、まだ二十代の若者だから、幸福な恋愛への憧れはあるし、時に見栄を張ることもあれば、つい嘘を吐いてしまうこともある。
片思いしていた部下・里見がゲイで片思いの相手がいると知りながらも、誘われるまま寝てしまった時も、酔って記憶を無くした里見に自分から誘ったとつい嘘をついてしまうし、慣れていないのに年上らしく振る舞おうとする。

如月の寂しさの象徴として出てくる犬のロボットがいい味を出していて、重要なアイテムになっている。
里見はよく気のつくほうであるらしく、如月の家に動くおもちゃがたくさんあるのを見て、如月の抱える寂しさに気付いていた。
けれども彼だってそんなにできた人間であるわけがないから、如月とセフレ状態がけっこう続いていたあたりは読んでいてやきもきした。

最後は里見の転勤などもあって最終的に数ヵ月後には如月邸で二人暮らしをすることになる。
気になるのは遠距離恋愛中にたくさん喧嘩したというところ。
数行で片付けられているわけだが、このふたりはそこからが恋愛の本番だと思うのだ。
とりわけ如月は本心をあまり語っていないし。
どんな喧嘩をして、すれ違いがあって、それをどうより強いきずなへとしていったのか大変気になる。
そのあたり、続編が出ないかなぁって思うのだが…。

スポンサーサイト

「不器用な策略」/椎崎夕

椎崎夕「不器用な策略」 ill.高星麻子 幻冬舎ルチル文庫

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)
椎崎 夕 高星 麻子

幻冬舎 2011-12-15
売り上げランキング : 84454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


もともと好きな作者の一人ではあるのだが、あらすじでピンとこなかった一冊。
でもイラストが好きなので(BLというより伯爵と妖精が好き)購入。

受けはなんともまぁ男前。
すっきりさっぱりした性格。
一方、攻めにはあまり魅力を感じられず。
そしてストーリーがやたらに長いなぁと感じてしまった時点で入り込めず。

う~ん、残念。

読書記録のまとめ 2011年5月

読書メーター1105


なんかもう…悲しい数字は目に見えているからそれは書かないでおこう……。

さて、5月も名探偵コナンを読んでいたわけだけれども、大量にDVDを借りてきて観ていたのも読書が進まなかった原因のひとつ。
でも買うには買っていて、読もうという気合だけは充分。
欲しいと思ったときに買っておかないと買えなくなってしまったときが悲しいから買っておくのだ。
こないだネットで中古を購入したミステリーは早いうちに読みたいところ。

そういえば読書メーターやっている人って他人の感想を読むのが好きなんだろうか。
(このブログが明らかに他人に読まれることを前提にしているのはおいといて)
5月はたった2冊しか読んでいないのにナイスが9つ。
たまに確認すれば、読んでから1年以上も経っていたりして、ずいぶん熱心に読んでるのねーって感心する。

私はなるべく他人の感想は読みたくない。
以前はむしろ気にして積極的に読むようにしていたけれど、だんだん変わっていった。
読む前の本ならばなおさら知りたくないと思う。
評価・評判は気になるけれど、内容に詳しく言及されていると、その人の読み方・感性に引きずられてそういう風にしか読めなくなるから。
たとえ作者の意図を汲み取ることができなくても、どう読んだのか、どう読めるのかは自分自身の鏡だから、他人の道筋を辿るのは違う気がする。
単に私が影響されやすいってだけかもしれないけれど。

「週刊 池上彰と学ぶ日本の総理 1・3・4・10」

「週刊 池上彰と学ぶ日本の総理 1・3・4・10」 小学館ウィークリーブック

週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 3/27号 [分冊百科]週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 3/27号 [分冊百科]

小学館 2012-03-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


すべて集める気はないのだけれど、気になったものだけ買おうかなぁって思っている。
ページ数のわりにちとお高いからねぇ。

書店で手に取ったきっかけは、以前池上さんがテレビで大平さんは知的な総理だったと言っていたのを覚えていたから。
私が生まれる前の人だし、何をやったのかなんて全く知らなかったのだけれど、池上さんがきっかけでとりあえず興味を覚えたのは確か。
それでこれを読んだらびっくり! わざわざ悪いところは書かないだろうから、きっと欠点もたくさんあったのだろうけれど、とにかくすごい人だったんだと思った。
何よりすごいなぁと思ったのは、総理になる前、上の人間に諫言をよくしていたというところ。
今の時代にこんな人いるだろうか。

これで勢いづいて吉田茂、池田勇人、佐藤栄作も購入。
(なぜか田中角栄を飛ばしてしまった)
政治のことは難しいからなかなか頭に入ってこないのだけれど、ハミダシ知識と多芸余話は意外な一面が知れて面白いし、総理の秘密という連載も勉強になる。

「幽霊伯爵の花嫁-偽りの聖女と地下牢の怪人-」/宮野美嘉

宮野美嘉「幽霊伯爵の花嫁-偽りの聖女と地下牢の怪人-」 ill.増田メグミ 小学館ルルル文庫

幽霊伯爵の花嫁 偽りの聖女と地下牢の怪人 (ルルル文庫)幽霊伯爵の花嫁 偽りの聖女と地下牢の怪人 (ルルル文庫)
宮野美嘉 増田 メグミ

小学館 2012-05-25
売り上げランキング : 1141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


シリーズ4作目。
前作ではサアラが壊れたので、今回はジェイクがサアラに拒絶されて壊れ気味。
結局はラブラブなんだけれど…。

今回よかったのは、サアラ・アシェリーゼ・フィナの3人の女の子(?)同士の会話が面白かったところ。
フィナのアシェリーゼに対する人たらしっぷりも発揮されていたし。

ただ、1~3作目ほど面白さを感じなかったんだなぁ…。
きっとサアラの理解を超えた言動が少なかったからかなぁ。
慣れた所為かと思ったけれど、1~3作目を読み返してもすごく楽しかったから、原因は話の中心がタイトルの“偽りの聖女”リゼットだったからかも。
とはいえやはり面白いことには変わりないから、次回も期待して待っている。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。