Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「下僕には極上ミルクを」/バーバラ片桐

バーバラ片桐「下僕には極上ミルクを」 ill.香坂あきほ ショコラ文庫

下僕には極上ミルクを (プラチナ文庫)下僕には極上ミルクを (プラチナ文庫)
バーバラ片桐 香坂 あきほ

フランス書院 2012-02-10
売り上げランキング : 34486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


受けは見た目美人の化粧品会社社長令息なのに中身スケベオヤジの普段ドS、ベッドではドMの陥没乳首(おっぱいミルクは極上の味)。
攻めは受けの部下で、魅惑の性フェロモンを持つ一途な純情青年、ベッドでは豹変してドS。
著者が陥没乳首への溢れんばかりの萌えと愛情をぎゅぎゅっと詰め込んだ一冊なのだ。
だから、あれやこれやに突っ込んではいけないのである。
おっぽいミルクのメカニズム? 登場人物の言動理解できない?
すべてBLファンタジーだから問題なし!!

なので中身に関してこれ以上の感想はないのだが、読み終わってぱたんと本を閉じた時に目に入った帯が気になった。
というのも、本の中の文章の抜粋だったんだけれども、買うときに既にちょっと恥ずかしい気分だったその内容が物足りなく感じたのだ。
物足りないというよりは、本筋からずれてる気がする…。
だって攻めが豹変するってことはこの本においてそんなに大事なことか?
いや、受けのお相手としてこれ以上ない素晴らしい相手だと思うよ。普段とベッドでちゃんとSとMの関係が築けているんだから。
でもこの本で最も重要なのは、陥没乳首とおっぱいミルクであって、攻めが豹変することではないんだよ!
もしかして帯を作った人は、それでは本屋で買いにくかろうと、まだ羞恥レベルが低い部分を抜粋したのだろうか。
いまさらそんな気遣いされても、きっとこの本を買う客はそれなりにBLを買いなれた人間だと思うので、とことんはじけてもらいたかったなぁ…。

スポンサーサイト

「モニタリング・ハート」/うえだ真由

うえだ真由「モニタリング・ハート」 ill.影木栄貴 ディアプラス文庫

モニタリング・ハート (ディアプラス文庫)モニタリング・ハート (ディアプラス文庫)
うえだ 真由 影木 栄貴

新書館 2005-04-09
売り上げランキング : 640251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


高校生、クラスメート同士のお話。
攻めは女の子にもてもての美形で人気者、受けは彼女が欲しくてたまらないだいぶお馬鹿な思春期まっさかり。
好きな女の子に告白するも攻めに恋しているのだと振られて抗議しに行ったところ(その行動自体どうかと思う)、試しに付き合って女の子への接し方を学ぶことになってしまう。
それでいろいろあって恋人同士になるのだが、面白いのは後半、攻め視点の話。

まさかの受け狙いの女の子がいて、しかもなかなかしたたかなのだ。
それをどうにか策を弄して阻むのだが、彼が何をどんな風に見ているのかが面白かった。
彼から見た受けのまぁなんとお馬鹿なこと。
受けがあまりにも女の子にがつがつしすぎで好みじゃなかったのだけれど、楽しく読めてよかった。

「絶対に負けない恋愛」/鳩村衣杏

鳩村衣杏「絶対に負けない恋愛」 ill.金ひかる ガッシュ文庫

  amazon→絶対に負けない恋愛

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


業界三位の大手広告代理店の新人プランナー・諏訪が、プレゼンの教えを請うのは、元社員で著書がベストセラー、人気のフリープランナー・加納。
向上心いっぱいの諏訪に対して加納は一対一のレッスンをしてくれることになるのだが、この男、真面目で真っ直ぐな諏訪を利用して新著の恋愛ハウツー本の実験台にするのである。
純粋な遊びとどっちが酷いんだろうと考えたけど、どっちも酷いよな…。
真意を隠して利用しているんだから。
だから加納が自分が諏訪に恋していることに気付いたのに、諏訪が新著の内容を知って仲がこじれた時はざまぁみろと思った。

一方でいい男じゃんと思ったのは諏訪の同期で同じチームで働く樋口。
仕事ができる男なのだが、諏訪にいじわるしてばかりの嫌なところがはじめはあるのだが、それは諏訪への恋心の裏返し。もちろん、自分は仕事ができるというプライドもあるのだろうが、好きな子をいじめるタイプなのも事実。
樋口のよさは諏訪に告白してから。
樋口の思いもよらない告白(+加納に利用されていたショック)に混乱する諏訪をなだめて協力して仕事にとりくむ姿は文句なしに格好いいと思ったし、打ち上げのあと加納が諏訪を連れ出す時の対応も格好良かった。
絶対加納より樋口のほうがいい男なんだけどなー。

しかし一番喰えないのは諏訪か。
丸く収まったあと、加納が諏訪を新しくつくる会社にこないかと誘った時に、あっさり諏訪に言い負かされているのがたまらなく気持ちよく、可笑しかった。
さらに後日談のクリスマスの話でも、諏訪にやられていて楽しい。
諏訪にはまったくそんなつもりがなく、ただ純粋な本心からの言葉だというのがまたすごい。
飲み込みの早い生徒というのも困ったものかも。
絶対同棲を始めたら、加納は諏訪の尻にしかれるに違いない。

読書記録のまとめ 2012年3月

読書めーたー1203
【小説】
読了数:9冊(前月比+2)
電子書籍:0冊

【漫画】
読了数:8冊(-16)


3DSで牧場経営しながら読書。
最近BLへの萌えが戻ってきてくれたようで嬉しい限り。
積読いっぱいあるから読みまくりたい(BL以外も)。
4月は欲しい新刊が少ないから積読消費月間にするにはちょうどよさそうだな。
…こう書いていったいどれくらい減るのか……。

そういえば3月といえば彩雲国の単行本が出たんだった。
劉輝の話だけ読んだが涙ぽろぽろだった。
なんか読み終わったらそれで本当に終わりなんだと思うと淋しくて読めないんだよなー。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。