Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「幽霊伯爵の花嫁」/宮野美嘉

宮野美嘉「幽霊伯爵の花嫁」 ill.増田メグミ 小学館ルルル文庫

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫 み 4-1)幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫 み 4-1)
宮野 美嘉 増田 メグミ

小学館 2011-06-24
売り上げランキング : 7384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


ここ最近新しく読んだ少女小説の中ではダントツに面白い!
どこらへんが面白いかというと、ヒロイン・サアラがとってもイイのだ。

侯爵家の血をひくが家族は全員死んでいて天涯孤独、しかも女であるため財産を持たない17歳のサアラ。
祖父の親友である公爵の世話になっていて、婚約者もいたが、政略結婚のため幽霊伯爵と噂されるジェイクの17番目の花嫁になる。
美しくもつらい過去を持ち、好きでもない相手と結婚しなければならないサアラは薄幸のヒロインかと思いきや、
彼女はただのヒロインではない。

彼女は傲慢でプライドが高く、ちょっと狡賢い。
言葉遣いや立ち居振る舞いなんかはいかにも深窓の令嬢なのだが、行動力があるのは棚に挙げてもおよそお嬢様のイメージからは想像もつかない価値観の持ち主である。
己の武器は血筋と家柄の良さと美貌のみだとはっきり言い切り、時には不幸な過去すら武器に使ってしまう。
狡賢いという言葉はちょっと違うのだが、ずるい使い方をしているのは事実。
彼女はある意味とってもポジティブで、自分に与えられた環境や持っているものを上手く活用し、自分の力で自分らしく幸せでいる生き方がポリシーなのだ。

しかしながら彼女の価値観というのは“普通”とはちょっとずれている。
ちょっとか可笑しくて、でも自分らしさを貫く彼女の生き方はちょっと素敵で、でも血筋と家柄の良さと美貌しか持っていない寂しさにほろっとする。
従来のヒロインたちから一線を画す新しいヒロイン・サアラをもっと読みたい。
とりあえず2巻を早く買おう…。

「銀朱の花 夢が訪れる」/金蓮花

金蓮花「銀朱の花 夢が訪れる」 ill.藤井迦耶 集英社コバルト文庫

銀朱の花 夢が訪れる (コバルト文庫)銀朱の花 夢が訪れる (コバルト文庫)
金 蓮花 藤井 迦耶

集英社 2005-11-01
売り上げランキング : 666639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


シリーズ1、2巻のエンジュとカウルの番外編。
どうやら世界を同じに時代を変えてたくさんのヒロインたちがいるようなんだけれど、その子たちにはまったく興味がなく、発売当初からしばらくエンジュとカウルの2冊だけ繰り返し読んでいた記憶がある。
で、たまたま最近古本屋であるのは知っていたが手を出さなかった本作を。
実は雑誌で読んでるから再読みたいなものなのだけれど、何年も経っているからほとんど初読みたいに楽しめた。

エンジュは番外編くらい幸せいっぱいでいいのに、やはり可哀想なことになっている。
カウルはやんちゃ少年がそのまま大人になったような王さまだから精神的な支えになるとは言い難いく、そのすれ違いが切ない。
もちろんハッピーエンドではあるのだけれど、ちょっともやもや感が残る。
黒幕である隣国の王女など解決しきれていない問題もあるし、その後がきになる脇役達がたくさんいる。
単純にこのふたりがとても好きなのでもっと書いて欲しかったなぁ。
(これ以上は蛇足になっちゃうのかな?)

読書記録のまとめ 2011年10月

読書めーたー1110

【小説】
読了数:7冊(前月比-5)
図書館:0冊
積読数:910冊(+7)

【漫画】
読了数:5冊(-1)


う~ん…読みたいんだけどなぁ。
数が伸びないなぁ。
実際は結構読んでいると思うんだけれども、既読本の好きなところだけ何度も読み返すから読書メーターに反映されない。

10月で一番面白かった…というより興味を惹かれたって言えばいいのかな…は「公家武者松平信平」。
時代小説っていうジャンル自体敬遠してたけど、こういうのならもっと読んでみたいなぁ。

「デビルズハニー」/夏目イサク

夏目イサク「デビルズハニー」 BBC


お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


教師×不良高校生。
ぱぱっと読んでしまったせいなのか、あまり楽しめず。
受けの可愛さはわかる。
悪く言われているけれど、実はそんなに悪い奴じゃなくて、男らしいんだけどふと可愛らしい一面を見せる。
ステキじゃないか。

なのになんでだろーなー。
でも夏目イサク作品全部好きというわけではないから、おかしいことではないが…。
とりあえず時間を置いて読んでみようかな。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR