Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「指先は夜を奏でる」/きたざわ尋子

きたざわ尋子「指先は夜を奏でる」 ill.みろくことこ リンクスロマンス

指先は夜を奏でる (リンクスロマンス)指先は夜を奏でる (リンクスロマンス)
きたざわ 尋子 みろく ことこ

幻冬舎 2011-04-28
売り上げランキング : 547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


雑誌で読んだけど、可愛いのでノベルズも買ってみた。
改めて読んで思った。
攻め、むっつり!!

連れ子同士8歳差の義兄×義弟。
攻め・真継は眼鏡で敬語で慇懃無礼で腹黒くてむっつり。受け・奏流(かなる)は音大生で見た目綺麗で恋愛には疎い。
奏流が20歳の誕生日を迎えた途端、真継は今までのいいお兄さんの皮を脱ぎ捨て、告白してキスしたり身体を触ったりとやたらと濃いアプローチを仕掛けてくる。
どのへんがむっつりかというと、小中学生の頃から狙っていたというのもやばいが、奏流がバイト先で狙われていると察知するや既成事実を作ってしまおうと最後まではしないがベッドに連れ込んだその翌朝。
裸の奏流が着る物を持って来てくれとお願いすると、パジャマの上だけを持ってきたり、裸で寝るなんて信じられないと言えばこれから機会も増えるだろうから慣れろと言ったり…。
いちいち笑えてどうしようかと。

一方の奏流はどう諦めてもらおうかと頭を悩ませるのだが、ある日友達の女の子に真継はえっちがねちっこいタイプだと言われ、それはたまったもんじゃないと思う描写がある。
それってそうなることを前提にしなければそんな感想は出てこないと思うのだが…。
結局本人がなかなか気付かなかっただけで実は好きでしたというオチ。
奏流が恋愛に溺れるタイプではないせいか、可愛いんだけど甘い雰囲気が少ないのが惜しいかな。

スポンサーサイト

「半熟作家と“文学少女”な編集者」/野村美月

野村美月「半熟作家と“文学少女”な編集者」 ill.竹岡美穂 ファミ通文庫

半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
野村 美月 竹岡 美穂

エンターブレイン 2011-04-30
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


“文学少女”シリーズもこれで終わり…。寂しいなぁ。
遠子が担当になった中学生でデビューした半人前の作家・快斗が主人公で、彼の成長が物語の軸なのでシリーズ本編のような感動がなかったのはちょっと残念かな。
とはいえ快斗がやかましくて猪突猛進なのでいちいち笑わせてくれるので明るいテンションで読めるのはよかったかも。
遠子は高校のときから変わっていなくて、相変わらずのマイペース&どじ&グルメぶり。ペンネームしか出てこないが心葉とのその後も少し書かれていて嬉しい。遠子が盛大にのろけるシーンなど、心葉との仲の良さが微笑ましい。
欲を言えばもっと遠子と心葉の物語を読みたかったけど、ところどころ遠子の言動から心葉を感じられるくらいがちょうどいいのかな。

「4ジゲン 1~2」/にざかな

にざかな「4ジゲン 1~2」 花とゆめコミックススペシャル

4ジゲン 1 (花とゆめCOMICS)4ジゲン 1 (花とゆめCOMICS)
にざかな

白泉社 2006-09-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4ジゲン 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)4ジゲン 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
にざかな

白泉社 2010-04-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


世の中こう暗い話題が多いとギャグ漫画が読みたくなるものだ。
定時制高校が舞台なので、生徒たちは老若男女いろいろ…。
個人的には地球征服を企む宇宙人と柏木先生がお気に入り。

ギャグ漫画なのに思わず感心してしまったのは2巻の元素キャラ。
じっと凝視していると妙な妄想を開始してしまいそうだからあまり見ないようにしているんだけど、面白いなぁ。
そういえば萌えキャラを使った英単語とかの参考書が流行った時、元素のもあったなぁ(図書館にあった)。

「姫君と婚約者 4~5」/高遠砂夜

高遠砂夜「姫君と婚約者 4~5」 ill.赤坂RAM 集英社コバルト文庫

姫君と婚約者〈4〉 (コバルト文庫)姫君と婚約者〈4〉 (コバルト文庫)
高遠 砂夜 赤坂 RAM

集英社 1996-07-25
売り上げランキング : 769649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


図書館の返却期限が迫ってきているので急いで読書。
レイ・レナ姫とガルディアさんが大変な目に遭っていた。
アリィシアはただのお転婆娘だと思っていたけれど、だんだん性格がエスカレートしていっている気がする。
とりえが素直ってところだけってどうなんだろう。
お姫様じゃなくてもあんな性格じゃあどこにいてもトラブルメーカーだ。
話の軸になっている出来事を起こしたのは別の人間だし、彼女に落ち度はないんだけど、とりわけレイ・レナ姫と中身が入れ替わってしまった4巻はただでさえ大変なのに姉の気苦労を5倍増しにしたのはある意味すごい。
逆にアリィシアへの態度が軟化しつつあるガルディアさんが可愛く見えてしょうがない。
そして一向に詳細がわからない二女はいつになったら出てくるんだろう。

「左近の桜」/長野まゆみ

長野まゆみ「左近の桜」 角川書店

左近の桜左近の桜
長野 まゆみ

角川グループパブリッシング 2008-07-24
売り上げランキング : 271241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


連作短編集。
現実と非現実が巧妙に交じり合い、怪しくて可笑しくて、ときどき優しい物語たちはとても面白い。

高校生の主人公・左近桜蔵(さくら)が男を拾ってきてしまったり、現実の世界とは違う世界に迷い込んでしまったりして、人ならぬものたちと奇妙な縁を結んでしまう。
死んだ者の最後の想いを叶えてあげることもあれば、桜蔵の身体目当ての相手に弄ばれたり…。
しかも桜蔵はそれらだけでなく、現実世界でも周囲の喰えない大人たちにまで翻弄される。
とりわけ厄介ごとを持ち込んでくるのは父の柾かな。でも助けてもくれるので一応“父”ではあるのだけれど、桜蔵を“女”と言っている時点でやはりオカシイ。
けれど初めは迷惑そうにしていた桜蔵だけど、後の方になると少し余裕が出てくるのか楽しんでいる風でもあるのがいい。
一応彼女もいるが、そのうち本当に柾が言う女に目覚めてしまうんじゃないかと心配。本人は不服だし。
読者的には今のぎりぎりの境界にいるような状態が面白いから、ずっとこのままでいて欲しい。

「ルビーレッド リボルバー」/坂井朱生

坂井朱生「ルビーレッド リボルバー」 ill.サマミヤアカザ 幻冬舎ルチル文庫

ルビーレッドリボルバー (幻冬舎ルチル文庫)ルビーレッドリボルバー (幻冬舎ルチル文庫)
坂井 朱生 サマミヤ アカザ

幻冬舎コミックス 2010-12
売り上げランキング : 29940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


先に読んじゃった「ブランケットに赤い薔薇」の前の話。
槙と達見の出会いの物語で、槙が祖父から受け継いだカジノ特区にある土地をめぐる事件が起こるというもの。
槙が襲われたり誘拐されたりと緊張感のある展開で普通に面白い。
どうせなら達見の企みが最後まで分からないように読者も騙してくれればいいのになぁと思った。

「金の言いまつがい」/糸井重里・監修 ほぼ日刊イトイ新聞・編

糸井重里・監修 ほぼ日刊イトイ新聞・編「金の言いまつがい」 新潮文庫


お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


ほぼ日で何度か読んだことはあったんだけど、本にまとまっていたなんてなー。
ぱっと本屋さんで目に入ったので、手にとってたった1ページ読んだだけで大笑い。
こらえるのが大変だったんだけれど、きっと私は怪しい人に見えたことだろう。
しかし家に帰って改めて目を通すと、どれもこれも笑えるのがすごい。


Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。