Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八犬伝-東方八犬異聞- 1~6」/あべ美幸

あべ美幸「八犬伝-東方八犬異聞- 1~6」 いち*ラキコミックス

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)
あべ 美幸

冬水社 2005-10-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


ついに手を出してしまったー。
これって角川から出し直しとかするのかな?
だとしたらせっかく買ったのに悲しいような、そうでもないような…。

私のビミョーな知識の中には、名前しか刻まれていない「南総里見八犬伝」。
これを下敷きにしてあるのはタイトルからもわかるとおり。
この漫画の世界は、明治・大正あたりの街並みに洋服と和服が交じり合い、キリスト教と思われる教会が強い力を持っている。
しかも、教会というからには唯一の神がいるはずなんだろうけれど、どうもそこに神道が交じってる。
なんか色々不思議なファンタジーだ。

登場人物は変人揃い。
皆面白いなー。
シリアス展開でもキャラクターに救われる。
私のお気に入りキャラ(?)はメグ(命名:現八)だ。
キモいけど可愛いんだよ~。出てくるたびに笑っちゃう。

スポンサーサイト

「女王の花 3」/和泉かねよし

和泉かねよし「女王の花 3」 フラワーコミックス

女王の花 3 (フラワーコミックス)女王の花 3 (フラワーコミックス)
和泉 かねよし

小学館 2011-01-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


「二の姫の物語」の100年後の話らしい…。
1、2巻と流して読んでいたからよくわかってなかったんだよね。
青推と二の姫の子孫はこんなになってるのかー。

話のほとんどは亜姫の母の過去話。
おかげで可哀想なままの男が一人。
身分の違いって大きい。

「君は僕を好きになる 2」/あべ美幸

あべ美幸「君は僕を好きになる 2」 あすかコミックスCL-DX

君は僕を好きになる 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)君は僕を好きになる 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)
あべ 美幸

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


過去作の出し直し、2巻。
1巻の感想でラブコメだとか書いていたんだけれど、よく読まなくてもかなりシリアス展開だよな~? 笑いどころは多いとは思うが。
なんか作者も若かったのよって感じの青さと、主人公の突拍子も無い思考回路がコメディに感じさせていたようだ…。

遥と田島の関係はかなり進んだように思えるが、まだまだ問題は山積み。
田島の中学時代の友人たちが当て馬として登場するが、遥と田島の意識の違いが近づいたはずの距離がまた遠く…。
遥って田島に一直線の恋をして迫ったりしているわりに恋愛感情に疎いところがある。

恋愛だけでなくバスケもがんばるようなので、どうなるのかな~と3巻も楽しみ♪


「フェイク・ダイヤ」/久能千明

久能千明「フェイク・ダイヤ」 ill.志水ゆき 角川書店

フェイク・ダイヤフェイク・ダイヤ
久能 千明 志水 ゆき

角川書店 2008-02
売り上げランキング : 335608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


この著者を読むのは2冊目。
いい加減文庫版「グレイ・ゾーン」の下巻を読まねばなぁ。
既に上巻の内容を思い出せない…。

さて、これはがっつり映画撮影に挑む俳優が演技に悩む成長物語。
はっきり言って面白かった。
面白かったんだけれど……勿体無いなぁ、物足りないのだ。

「華麗な恋愛革命」/青野ちなつ

青野ちなつ「華麗な恋愛革命」 ill.香坂あきほ B-PRINCE文庫

華麗な恋愛革命 (B-PRINCE文庫 あ 5-5)華麗な恋愛革命 (B-PRINCE文庫 あ 5-5)
青野 ちなつ 香坂 あきほ

アスキー・メディアワークス 2010-10
売り上げランキング : 10133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→華麗な恋愛革命

お気に入り度 


再読。
一作目をようやく読んだので、なんとなく読みたくなって。
でもやっぱりダメだ…。

どうにも脇役がうるさすぎる。
潤にアプローチしてくる八束はスマートな大人なので唯一安心できるんだけれど、主人公たち含めて他がもう!
前作はベタで目新しいところはないとはいえ、結構良いのに。


一作目感想一回目感想

「君は僕を好きになる 1」/あべ美幸

あべ美幸「君は僕を好きになる 1」 あすかコミックスCL-DX

君は僕を好きになる 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)君は僕を好きになる 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)
あべ 美幸

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


著者の初期作品の出し直し。
なので、正直、中身を見たとき驚いた…。
表紙・裏表紙は新しく描き下ろされているから、絵のギャップにびっくり。

ストーリーはやたら青臭くて読んでるこっちが恥ずかしいくらいの高校生の片思い?ラブコメディ。
猛烈に体当たりで一途な恋。
主人公・遥の恋心になんだか説得力がないところとか、展開がやや唐突なところもある。
でも、「SUPER LOVERS」ほどの身悶えするほどの萌えはなかったが、普通に面白かったと思う。

他のあべ作品も読みたいのだが…。
あの出版社の直販は安いので嬉しいが、やたら長編だから揃えるのが大変だ。主にお財布の事情が。

「不遜な恋愛革命」/青野ちなつ

青野ちなつ「不遜な恋愛革命」 ill.香坂あきほ B-PRINCE文庫

不遜な恋愛革命 (B‐PRINCE文庫)不遜な恋愛革命 (B‐PRINCE文庫)
青野 ちなつ 香坂 あきほ

アスキーメディアワークス 2010-06-07
売り上げランキング : 185697

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


続編「華麗な恋愛革命」を先に読んでしまった本作。
続編はあまり面白くなかったのだが、気になって電子書籍で読了。
こっちのほうが断然面白かった!

名家に生まれたが母が外国人だった所為で虐げられ、大人しく意志の弱い潤。
世界的なモデル・泰生との出会いが、潤を変えていく。

泰生は強引で傲慢で傲岸不遜だが、自分が大手アパレルメーカーの息子で、親の七光りと言われているため潤が家に縛られ自信がなく意思を表に出すことができないでいることを理解してくれる人物でもある。
毎日静かに決まった生活ばかり送る潤にとって、派手な泰生に連れまわされて見る世界は何もかもが新しく楽しいのだ。
潤自身を見て認めてくる泰生に、潤はどんどん惹かれていくが、恋愛経験のまったくない潤がおたおたするのが可愛いのだ。
しかも潤は純情で天然だが無自覚小悪魔。
泰生が潤の無意識の色気にくらくらして、純粋な反応が可愛くてついいじめてしまう気持ちがよく分かる。

電子書籍版は紙書籍未収録の短編が入っていて、それも潤が可愛くてたまらなかったのでそちらも満足だった。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。